受験情報

2021.07.10

立教大学の自由選抜入試の日程・スケジュール一覧【2022年最新】

目次

立教大学は、早くも2022年の自由選抜入試を公開しています。
今後立教大学の自由選抜入試を受験しようと考えている人や、他大学と被らないよううまくスケジュール調整しながら併願を検討している人は、早めに情報をチェックしておきましょう。

今回は、立教大学の自由選抜入試日程・スケジュールを紹介します。

自由選抜入試とは

立教大学の自由選抜入試は、志望する学部に関連した高い能力を持つ人、あるいは学業以外の諸活動の分野で秀でた個性を持っている人を評価する入試形態です。
ただスキルや熱意が高いだけでなく、立教大学および各学部の教育目的を理解し、そこで学びたいという学生を受け入れることを目的にしているため、あらかじめアカデミック・ポリシーなどを参考にしておきましょう。

立教大学の自由選抜入試の日程・スケジュール【2022年最新】

立教大学の自由選抜入試は、全学部共通で下記の日程にて実施されます。

出願期間: (Web出願の場合)2022年9月15日(木)~9月20日(火)
(郵送出願の場合)2022年9月15日(木)~9月21日(水)消印有効
第1次選考(書類選考)合格者発表日:2022年10月26日(水)
第2次選考日:2022年11月19日(土)・20日(日)
合格者発表日:2022年12月3日(土)
第1次入学手続き締め切り日:2022年12月12日(月)
第2次入学手続き締め切り日:2023年1月23日(月)~2月3日(金)

第一にチェックするのは、第2次選考日です。
基本的に立教大学の自由選抜入試における第1次選考は、書類上で実施されます。
エントリーシート・志望理由書・プレゼンテーション資料・成果物など提出すべきものは学部ごとにさまざまですが、大学に出向いて受験する必要はありません。
ただし、第2次試験については立教大学に出向いて直接受験する必要があります。
他大学の自由選抜入試や立教大学の国際コース選抜入試との併願を検討している場合、日程に被りがないか事前にチェックしておきましょう。

また、出願期限も覚えておく必要があります。
自由選抜入試は共通テスト利用や一般入試(全学部入試)と異なり、準備すべき書類が多岐にわたります。
なかには高校から発行される内申書や成績通知書を参考にする学部もあるため、期間には余裕をもっておきましょう。

まとめ

立教大学の受験を検討している人は、事前にスケジュール感を持っておくことが大切です。
特に自由選抜入試は一朝一夕では身につかない行動実績や熱意を評価する傾向にあるため、試験日から逆算して準備しておきましょう。