受験情報

2021.07.10

立教大学の英検はどれくらいあれば合格できる?目安のスコアを紹介

目次

立教大学は、共通テスト利用・一般入試(全学部入試)ともに英検スコアを利用した合否判定が可能です。
受験当日の一発勝負を避けやすく、高校1年次などからコツコツ努力してスコアアップしていけば、より合格可能性を高くすることができるでしょう。

今回は、立教大学の受験を突破できる英検スコアについて解説します。

立教大学の英検はどれくらいのスコアが必要?

下記では、立教大学が英検スコアをどう得点換算しているかお伝えします。
最終的にどれくらいのスコアがあれば安心できるか知りたいときにも、ご参考ください。

スコア換算例

英検CS2.0スコアは、その年の試験難易度に応じて得点換算されます。
下記では共通テストの得点を参考に、換算方法を確認していきましょう。

英検CSE2.0スコアが2,300点以上

英検CSE2.0スコアが2,300点以上ある場合、共通テスト換算でほぼ満点の評価を得られます。
共通テストで満点を取れるのはトップレベルの国公立大学および最難関私立大学を目指している層であるため、2,300点を保有していればかなり受験を有利に進められるでしょう。

英検CSE2.0スコアが2,265点以上

英検CSE2.0スコアが2,265点以上ある場合、共通テスト換算で95%相当にあたる190点の評価を得られます。
難関私立大学などを目指し、かつ英語が得意科目である人のレベルだと言えるでしょう。
他科目の得点にもよりますが、こちらも受験を有利に進めやすいラインであるとわかります。

英検CSE2.0スコアが2,195点以上

英検CSE2.0スコアが2,195点以上ある場合、共通テスト換算で85%相当にあたり170点の評価を得られます。
立教大学に合格する学生の平均点を参考にすると、確実な合格を狙える最低ギリギリラインであると言えるでしょう。
もちろん他科目が満点に近ければ2,195点でも合格できる可能性はありますが、保証はできない点に注意です。

立教大学の英検ではどれくらいのスコアが必要か

結論、立教大学に安心して挑戦するには最低でも英検CSE2.0スコア2,265点以上あった方がよいとわかります。
他科目の得点や勉強の進度なども参考にしながら、スコアを積み重ねていきましょう。

立教大学の英検は何級が必要?

スコアではなく級ごとに細分化されている英検も、立教大学にスコアとして提出することが可能です。
いわゆる「英検2級合格(不合格)」などスコアではなく合否判定が出るため、どう得点換算されるのか不安な人もいるでしょう。
立教大学では下記では、級を保有している場合の点数についても公開しているため下記を参考にしてみましょう。

級とスコアの対応

英検の級も、その年の試験難易度に応じて得点換算されます。
下記では共通テストの得点を参考に、換算方法を確認していきましょう。

英検準1級の場合

英検準1級に合格している場合、共通テストにおける200点満点で換算されます。
つまり、英検準1級に合格していれば共通テスト当日に満点を取ったのと同じ扱いになるのです。
1点を争う激戦になることが想定される大学受験市場において、「満点換算」は非常に大きなリードとなるでしょう。
一般的に高校3年生と同等なレベルは準2級もしくは2級とされているため準1級の難易度が高く感じられるかもしれませんが、英語が得意科目である人はぜひチャレンジしてみましょう。

英検2級の場合

英検2級に合格している場合、170点以下で換算されています。
準1級と2級の扱いが大きく異なることがわかるでしょう。
共通テストにおける170点数は85%程度であり、英語が苦手でなくきちんと基礎・基本対策をしてきた受験生であれば容易に獲得できてしまう点数です。
前述した他の外国語検定試験のように90~95%程度の換算になる級数がないため、英検2級程度だと相当厳しい戦いになると予想できるでしょう。
そのため、「英検準1級の合格が難しい」と感じる人は、英検CSE2.0ではなく他の外国語検定試験を受けながらスコアの上積みをしていくことをおすすめします。

立教の英検は何級が必要か

立教大学に安心して提出できる英検の級数は、準1級からだとわかります。
2級だからと不利になることはありませんが、同じくらいの英語力を持つ立教受験生は多いため、特段有利になることはないでしょう。
2級と準1級は1段階しか違いませんが、スコアで見ると大きな差があるのです。

まとめ

立教大学は、共通テスト利用入試・一般入試(全学部入試)に英検をはじめとする外国語検定試験のスコアを使うことができます。
試験ごとに得点換算して合否判定するため不公平感もなく、公正・公平な判定をしてくれるでしょう。
立教大学に合格したい!と考える人は外国語検定試験の受験は必須だと考え、早めに対策をはじめておきましょう。