受験情報

2021.04.25

立教大学の全学部入試の傾向と対策!科目ごとの勉強法も解説

目次

立教大学では、一般入試を全学部入試に統一して実施しています。
推薦入試などを除き、立教大学に入学するためには大学入学共通テストもしくは全学部入試を突破する必要があるため概要を知っておきましょう。

今回は、全学部入試の傾向および対策について解説します。

科目ごとの勉強法にも触れるため、今後の受験勉強にお役立てください。

立教大学の一般入試はすべて全学部入試に統一

立教大学の一般入試は、2021年度から全学部入試に統一されています。
つまり、事実上一般入試がなくなったと考えてよいでしょう。
全学部入試とは、さまざまな学部を希望する受験生が同日・同時刻・同じ会場で受験する入試形態のことを指します。
立教大学の場合は5回の全学部入試が実施されており、回ごとに出願学部(学科・コース)を選択します。
1回につきひとつの学部にしか出願できませんが、2回目以降は別の学部に出願しなおすことができるなど、柔軟な対応ができることが特徴です。
似た言葉として「全学部日程入試」が挙げられますが、これは個別学部入試の日程が全学部で統一されているだけの形態であることに注意しておきましょう。
また、文学部に限り入試日程が1日追加されていること、理学部は入試日程が2日間に限定されていることも抑えておく必要があります。

立教大学の全学部入試に使う科目

ここからは、立教大学の全学部入試に使う科目を紹介します。
全5回の入試日程(文学部のみ全6回、理学部のみ全2回)ごとに問題が異なりはするものの、学部ごとに問題が変わることはありません。
ただし入試科目は異なるため、下記をチェックしておくことをおすすめします。

文学部

文学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史もしくは数学です。
配点は、学科により異なります。
キリスト教学科・文学科・教育学科の場合、国語200点・外国語200点・選択科目150点です。
史学科のみ、国語・外国語・選択科目全て200点の配点がされています。

異文化コミュニケーション学部

異文化コミュニケーション学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史もしくは数学です。
配点は、国語200点・外国語200点・選択科目150点です。

経済学部

経済学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語150点・選択科目100点です。

経営学部

経営学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語100点・外国語150点・選択科目100点です。

社会学部

社会学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語・外国語・選択科目ともにすべて100点です。

法学部

法学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語200・外国語200点・選択科目100点です。

観光学部

観光学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語100点・選択科目200点です。
選択科目の配点が高い珍しい学部であるため、得意科目を選択するとよいでしょう。

コミュニティ福祉学部

コミュニティ福祉学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語200点・外国語200点・選択科目100点です。

現代心理学部

現代心理学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語150点・選択科目100点です。

理学部

理学部の入試科目は、理科・数学・外国語です。他の学部と大幅に異なるため、必ずチェックしておきましょう。
配点は、学科により異なります。
数学は、理科100点・数学200点・外国語100点です。
物理学科は、理科150点・数学150点・外国語100点です。
化学科は、理科150点・数学100点・外国語100点です。
生命理学科は、理科150点・数学100点・外国語100点です。

立教大学の全学部入試対策におすすめの勉強法

ここからは、科目ごとの傾向・対策・勉強法を解説します。
全学部入試では全学部統一の入試問題が使われるため、学部ごとに対策を分ける必要がありません。
どの学部でも入試が平準化されているため解答のハードルは低くなっていますが、学部ごとに倍率・定員が異なるため注意しておきましょう。

英語の入試傾向と難易度

立教大学では、文学部における一部の入試日程を除き、一般試験における外国語の筆記試験がおこなわれません。
2022年度入試からの変更であるため、忘れずに入試概要はチェックしておきましょう。
英語資格・検定試験のスコアもしくは大学入学共通テストの「外国語」を用いた採点がおこなわれ、取得スコアもしくは点数を学部ごとの配点に応じて変換します。

立教大学に活用できる「各種検定試験」にあたる英語外部試験は、下記の通りです。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定
・GTEC
・IELTS
・TEA
・TEAP CBT<
・TOEFL iBT

いずれも立教大学出願期限初日から遡り、2年以内に受験して取得したスコアが有効となります。
複数回受験している場合は、最も高いスコアを活用できるため、何度か挑戦しながら最高記録を伸ばしていくことがおすすめです。

国語の入試傾向と難易度

現代文では評論・小説・随筆などさまざまなテーマが扱われますが、比較的堅めの文体で書かれている評論文の割合が高い傾向にあります。
選択問題が中心でありながら、漢字の書き取り・本文中からの抜き出し、100から200文字程度の要約などが出題されることもあり、記述対策が欠かせません。
古文は比較的オーソドックスな基礎偏重型の問題になることが多く、基本的な古典文法および古文単語を知っておけば問題なく解けるでしょう。
しかし「知っていないと解けない問題」も多く、ある程度の暗記が求められます。
内容一致・本文解釈など読解力に関する問題にチャレンジしつつも、文法・単語は受験直前まで繰り返しチェックしておくことをおすすめします。

日本史の入試傾向と難易度

古代から近代まで幅広く出題されるため、特定の単元にのみ的を絞ることができません。
幅広い時代に対するきめ細かな対策が不可欠となるでしょう。
また、文化史や社会経済史など、縦割りでのテーマ史が頻出です。
時代の枠組みだけに捉われず、ひとつの流れとして暗記しておく必要がありそうです。

世界史の入試傾向と難易度

日本史と同じく、縦割りでのテーマ史出題が多いです。
また、字数指定なく1行程度で解答させる記述問題の比率が日本史より高いため、注意しておきましょう。
内容正誤や時代ごとの並び替えなども出題され、多彩な形式に対応できる柔軟な思考力が問われます。

地理の入試傾向と難易度

基本的には試験時間内に十分解き終えることができることが多く、ボリュームが多めになることの多い立教大学では珍しい科目です。
その分、図表・グラフ・地形図・統計図などを活用した資料問題が多く、欲しい情報を的確に読み取る力がないと、正答には結びつきません。
知識問題よりも資料問題に比重を置き、対策しておきましょう。

数学の入試傾向と難易度

小問集合は基礎・基本寄りの問題が多く、極端に時間のかかる難問・奇問はほとんど出ません。
スピード重視で解答し、後半に時間を充てられるよう対策していきましょう。
以降の大問は記述が含まれることが多く、時間にそれほど余裕がありません。
記述答案の作成力や融合問題対策を十分におこない、初見の問題でも慌てずに解答できるようにしておくことが大切です。

物理の入試傾向と難易度

特定の単元に偏ることなく、幅広く出題されるため網羅的な学習が欠かせません。
基本的に基礎~標準レベルの問題であることが多いですが、エネルギー保存則や運動量保存則の単元では比較的難易度の高い問題が出されます。
標準レベルの枠を超えて対策しておけば、より安心できます。

化学の入試傾向と難易度

無機単元より有機単元からの出題が多く、構造式の決定や異性体などの分野で特に出題割合が高くなります。
難易度は他科目よりも高めに作られていることが多く、標準問題以上の対策が求められるでしょう。
大学入学共通テスト対策だけでは網羅できないこともあるため、注意が必要です。

生物の入試傾向と難易度

大問数が年度により異なりますが、およそ4~5題の範囲になることが多いです。
遺伝に関する問題が頻出であり、動物の反応・タンパク質の単元が多くみられます。
ただし、生命理学科については学科の特性が活かされ、遺伝情報・進化・系統単元からの出題がよく見られます。
出願学科との相性がよさそうな単元についてはより念入りに勉強しておきましょう。

まとめ

立教大学の入試形態は他大学と比較して特殊であり、制度・概要を細かく知っておく必要があります。v 学部ごとに入試問題が変わらないため対策がしやすい一方、その分倍率も増加する傾向にあるため注意しておきましょう。
とはいえ、過去立教大学が受験生に求めてきた学力から大幅な変更がされていることはないようです。v 基礎・基本に忠実に、かつスピーディーに問題を解ける力があれば問題なく合格できるでしょう。