受験情報

2021.04.25

立教大学の全学部入試の倍率まとめ!穴場学部もご紹介

目次

立教大学の全学部入試は、受験回ごとに出願学部をひとつ選択して受けられる新しい入試形態です。
2021年度から立教大学の一般入試は全学部入試に統一されているため、推薦入試や大学入学共通テスト以外で入学するのであれば避けられないでしょう。
今回は、立教大学全学部入試の倍率について解説します。

比較的倍率の低い穴場学部もピックアップするため、立教大学を第一志望に据えている人はぜひご活用ください。

立教大学の全学部入試の倍率まとめ(2019・2020)

早速、立教大学全学部入試の倍率を紹介します。
2021年度から導入された新しい入試形態であるため最新の倍率推移はまだ公表されていませんが、参考に前年度までの一般入試のデータをピックアップしました。
定員数が多くても倍率が高ければ合格率は低くなるため、参考にしてみましょう。

立教大学の一般入試は2021年から全学部入試のみに統一

立教大学の一般入試は、2021年度から全学部入試に統一されています。
つまり、事実上一般入試がなくなったと考えてよいでしょう。
全学部入試とは、さまざまな学部を希望する受験生が同日・同時刻・同じ会場で受験する入試形態のことを指します。
立教大学の場合は5回の全学部入試が実施されており、回ごとに出願学部(学科・コース)を選択します。
1回につきひとつの学部にしか出願できませんが、2回目以降は別の学部に出願しなおすことができるなど、柔軟な対応ができることが特徴です。
似た言葉として「全学部日程入試」が挙げられますが、これは個別学部入試の日程が全学部で統一されているだけの形態であることに注意しておきましょう。
また、文学部に限り入試日程が1日追加されていること、理学部は入試日程が2日間に限定されていることも抑えておく必要があります。

文学部の全学部入試倍率

まずは、文学部の倍率を紹介します。

キリスト教学科3教科型

キリスト教学科3教科型の倍率は、2019年度8.2倍・2020年8.4倍でした。

文学科(英米文学専修)3教科型

文学科(英米文学専修)3教科型の倍率は、2019年度6.3倍・2020年度6.3倍でした。

文学科(ドイツ文学専修)3教科型

文学科(ドイツ文学専修)3教科型の倍率は、2019年度7.9倍・2020年度8.6倍でした。

文学科(フランス文学専修)3教科型

文学科(フランス文学専修)3教科型の倍率は、2019年度4.0倍・2020年度10.6倍でした。

文学科(日本文学専修)3教科型

文学科(日本文学専修)3教科型の倍率は、2019年度6.3倍・2020年度6.1倍でした。

文学科(文芸・思想専修)3教科型

文学科(文芸・思想専修)3教科型の倍率は、2019年度8.6倍・2020年度4.6倍でした。

史学科3教科型

史学科3教科型の倍率は、2019年度5.0倍・2020年度5.7倍でした。

教育学科3教科型

教育学科3教科型の倍率は、2019年度8.3倍・2020年度7.3倍でした。

異文化コミュニケーション学部

異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科3教科型の倍率は、2019年度32.6倍・2020年度12.3倍でした。

経済学部

次に、経済学部の倍率を紹介します。

経済学科3教科型

経済学科3教科型の倍率は、2019年度4.4倍・2020年度5.3倍でした。

経済政策学科3教科型

経済政策学科3教科型の倍率は、2019年度5.0倍・2020年度5.1倍でした。

会計ファイナンス学科3教科型

会計ファイナンス学科3教科型の倍率は、2019年度6.0倍・2020年度3.4倍でした。

経営学部

次に、経営学部の倍率を紹介します。

経営学科3教科型

経営学科3教科型の倍率は、2019年度10.3倍・2020年度9.8倍でした。

国際経営学科3教科型

国際経営学科3教科型の倍率は、2019年度11.1倍・2020年度8.9倍でした。

理学部

次に、理学部の倍率を紹介します。

数学科3教科型

数学科3教科型の倍率は、2019年度7.6倍・2020年度6.4倍でした。

物理学科3教科型

物理学科3教科型の倍率は、2019年度4.5倍・2020年度6.7倍でした。

化学科3教科型

化学科3教科型の倍率は、2019年度4.7倍・2020年度7.2倍でした。

生命理学科3教科型

生命理学科3教科型の倍率は、2019年度6.1倍・2020年度5.1倍でした。

社会学部

次に、社会学部の倍率を紹介します。

社会学科3教科型

社会学科3教科型の倍率は、2019年度6.7倍・2020年度5.3倍でした。

現代文化学科3教科型

現代文化学科3教科型の倍率は、2019年度6.1倍・2020年度4.8倍でした。

メディア社会学科3教科型

メディア社会学科3教科型の倍率は、2019年度6.7倍・2020年度7.0倍でした。

法学部

次に、法学部の倍率を紹介します。

法学科3教科型

法学科3教科型の倍率は、2019年度4.8倍・2020年度4.5倍でした。

国際ビジネス法学科3教科型

国際ビジネス法学科3教科型の倍率は、2019年度4.7倍・2020年度4.4倍でした。

政治学科3教科型

政治学科3教科型の倍率は、2019年度3.9倍・2020年度3.8倍でした。

観光学部

次に、観光学部の倍率を紹介します。

観光学科3教科型

観光学科3教科型の倍率は、2019年度7.3倍・2020年度8.0倍でした。

交流文化学科3教科型

交流文化学科3教科型の倍率は、2019年度4.2倍・2020年度8.0倍でした。

コミュニティ福祉学部

次に、コミュニティ福祉学部の倍率を紹介します。

コミュニティ政策学科3教科型

コミュニティ政策学科3教科型の倍率は、2019年度4.3倍・2020年度4.9倍でした。

福祉学科3教科型

福祉学科3教科型の倍率は、2019年度4.7倍・2020年度6.8倍でした。

スポーツウェルネス学科3教科型

スポーツウェルネス学科3教科型の倍率は、2019年度8.7倍・2020年度8.9倍でした。

現代心理学部

次に、現代心理学部の倍率を紹介します。

心理学科3教科型

心理学科3教科型の倍率は、2019年度9.1倍・2020年度8.3倍でした。

映像身体学科3教科型

映像身体学科3教科型の倍率は、2019年度6.9倍・2020年度5.9倍でした。

立教大学の全学部入試の倍率まとめ(2021)

同様に、学部前代の入試倍率もチェックしておきましょう。
こちらは2021年度に実施された全学部入試の倍率であるため、最新情報として参照することが可能です。

文学部の全学部入試倍率

文学部全学部入試の全学部入試倍率は、5.6倍でした。

異文化コミュニケーション学部の全学部入試倍率

異文化コミュニケーション学部の全学部入試倍率は、16.4倍でした。

経済学部の全学部入試倍率

経済学部の全学部入試倍率は、6.4倍でした。

経営学部の全学部入試倍率

経営学部の全学部入試倍率は、11.0倍でした。

理学部の全学部入試倍率

理学部の全学部入試倍率は、4.1倍でした。

社会学部の全学部入試倍率

社会学部の全学部入試倍率は、7.4倍でした。

法学部の全学部入試倍率

法学部の全学部入試倍率は、4.9倍でした。

観光学部の全学部入試倍率

観光学部の全学部入試倍率は、6.7倍でした。

コミュニティ福祉学部の全学部入試倍率

コミュニティ福祉学部の全学部入試倍率は、7.7倍でした。

現代心理学部の全学部入試倍率

現代心理学部の全学部入試倍率は、8.5倍でした。

立教大学の全学部入試における穴場学部3選

立教大学は、学部・学科により入試倍率が大きく異なります。
ここでは入試倍率の面から見た穴場学部を紹介しますので、出願の参考にしていきましょう。

第3位:経済学部

経済学部は、一般入試における倍率が2019年より2020年の方が下がっている学科が多く、穴場学部だと言えるでしょう。
特に会計ファイナンス学科の倍率は2019年度に6.0倍だったものが2020年度には3.4倍にまで下がっています。
一見人気がありそうな学科ですが、インシュアランスなど保険業界に特化した学びが多いことが特徴であり、高校生の段階ですでに保険業界への就職を視野に入れている人以外からはハードルが高いのかもしれません。
しかし文系学部でありながら就職に直結するスキルを身につけたい人には、おすすめの学科です。

第2位:法学部

法学部も、わずかではありますが2019年より2020年度にかけて倍率が下がっています。
文系大学として有名な立教大学において法学部が穴場というのは意外に思えるかもしれませんが、数値データを参考に志望学部を選定したい人にとっては見逃せない情報でしょう。

第1位:理学部

立教大学は文系大学として有名であるため、理学部など理系学部の倍率が低い傾向にあります。
ただし、数学科など毎年人気が高い学科があることに注意が必要です。
そのほかの物理学科・化学科・生命理学科は比較的倍率が低いことが多く、穴場だと言えるでしょう。

立教大学の全学部入試に使う科目

ここからは、立教大学の全学部入試に使う科目を紹介します。
全5回の入試日程(文学部のみ全6回、理学部のみ全2回)ごとに問題が異なりはするものの、学部ごとに問題が変わることはありません。
ただし入試科目は異なるため、下記をチェックしておくことをおすすめします。

文学部

文学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史もしくは数学です。
配点は、学科により異なります。
キリスト教学科・文学科・教育学科の場合、国語200点・外国語200点・選択科目150点です。
史学科のみ、国語・外国語・選択科目全て200点の配点がされています。

異文化コミュニケーション学部

異文化コミュニケーション学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史もしくは数学です。
配点は、国語200点・外国語200点・選択科目150点です。

経済学部

経済学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語150点・選択科目100点です。

経営学部

経営学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語100点・外国語150点・選択科目100点です。

社会学部

社会学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語・外国語・選択科目ともにすべて100点です。

法学部

法学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語200・外国語200点・選択科目100点です。

観光学部

観光学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語100点・選択科目200点です。
選択科目の配点が高い珍しい学部であるため、得意科目を選択するとよいでしょう。

コミュニティ福祉学部

コミュニティ福祉学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語200点・外国語200点・選択科目100点です。

現代心理学部

現代心理学部の入試科目は、国語・外国語・選択1科目です。選択科目は地理歴史・公民もしくは数学です。
配点は、国語150点・外国語150点・選択科目100点です。

理学部

理学部の入試科目は、理科・数学・外国語です。他の学部と大幅に異なるため、必ずチェックしておきましょう。
配点は、学科により異なります。
数学は、理科100点・数学200点・外国語100点です。
物理学科は、理科150点・数学150点・外国語100点です。
化学科は、理科150点・数学100点・外国語100点です。
生命理学科は、理科150点・数学100点・外国語100点です。

まとめ

志望大学・学部選びは、倍率など過去のデータを参考にすることがおすすめです。
自分の学びたい内容と穴場学部が一致していれば、理想通りの受験ができるでしょう。
入学後のミスマッチも少なく、希望に合った学びの環境を用意できます。
立教大学への入学を希望する方は、今回紹介した内容をもとに志望学部を選定していきましょう。