受験情報

2021.04.25

立教大学の男女比とは?キャンパスごとや学部ごとの男女比も紹介

目次

立教大学は、比較的女子学生比率が高い大学だといわれています。
しかし、当然学部によって男女比は異なるため、気になる方はあらかじめ調べておくとよいでしょう。
文系学部でも男子学生比率の方が高いケースも存在します。

今回は、キャンパス・学部ごとに立教大学の男女比を紹介します。

立教大学の男女比をキャンパスごとに紹介

立教大学のキャンパスは、池袋キャンパスと新座キャンパスに分かれます。
メインキャンパスは池袋であり、文学部・異文化コミュニケーション学部・経済学部・経営学部・理学部・社会学部・法学部の学生が利用します。
ただし、大学院はキリスト教・ビジネスデザイン・21世紀社会デザイン・法務・人工知能科学のみに限定されるため注意しましょう。
新座キャンパスは、観光学部・コミュニティ福祉学部・現代心理学部の学生が利用します。

池袋キャンパスの男女比

池袋キャンパスの男女比は、およそ3:7です。
男子学生比率の高い理学部・ほぼ男女比が半々の経営学部なども池袋キャンパスを利用しますが、それでも女子学生比率が高いと言えるでしょう。

新座キャンパスの男女比

新座キャンパスの男女比は、およそ8:2です。
観光学部・コミュニティ福祉学部・現代心理学部ともに女子学生比率が高い学部であるため、キャンパス全体の女子学生比率も高くなっています。
大学院生がほとんど訪れないため、それも影響しているとわかります。

立教大学の男女比を学部ごとに紹介

次に、学部ごとの男女比を確認していきましょう。

文学部の男女比

文学部の男女比は、33.4:66.6です。
立教大学内でもかなり女子学生比率が高い学部だと言えるでしょう。

現代心理学部の男女比

現代心理学部の男女比は、27.1:72.9です。
立教大学でもトップクラスに女子学生比率が高い学部です。

異文化コミュニケーション学部の男女比

異文化コミュニケーション学部の男女比は、33.0:6.7です。
こちらも立教大学らしさが現れている学部であり、女子学生比率が高めです。

社会学部の男女比

社会学部の男女比は、41.7:58.3です。
女子学生比率の方が多いですが、比較的男子学生もいる学部だと言えるでしょう。

観光学部の男女比

観光学部の男女比は、35.9:64.1です。
全体の6割以上が女子学生だとわかります。

コミュニティ福祉学部の男女比

コミュニティ福祉学部の男女比は、40.7:59.3です。
女子学生比率が多いと思われがちですが、意外と男子学生も多いです。

法学部の男女比

法学部の男女比は、53.0:47.0です。
立教大学では比較的珍しく、男子学生比率の高い学部です。

経済学部の男女比

経済学部の男女比は、61.4:38.6です。
文系学部でありながら比較的男子学生比率の高い学部です。

経営学部の男女比

経営学部の男女比は、5.04:49.6です。
ちょうど半々くらいの割合だとわかります。

理学部の男女比

理学部の男女比は、69.6:30.4です。
立教大学で最も男子学生比率の高い学部ですが、理系学部であることを考えると他大学と同じくらいの比率だと言えるでしょう。

立教大学の偏差値ランキング

最後に、立教大学の偏差値ラニングを紹介します。
偏差値が高い順にピックアップしていきますので、希望する学部・学科がある人はチェックしてみましょう。

1位:異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科(偏差値68)
2位:社会学部社会学科(偏差値66)
2位:経営学部経営学科(偏差値66)
2位:経営学部国際経営学科(偏差値66)
5位:現代心理学部心理学科(偏差値65)
5位:社会学部現代文化学科(偏差値65)
5位:文学部史学科(偏差値65)
5位:法学部法学科(偏差値65)
5位:法学部国際ビジネス法学科(偏差値65)
5位:法学部政治学科(偏差値65)
5位:経済学部経済政策学科(偏差値65)
5位:観光学部観光学科(偏差値65)
5位:経済学部会計ファイナンス学科(偏差値65)
5位:経済学部経済学科(偏差値65)
5位:社会学部メディア社会学科(偏差値65)
16位:文学部教育学科(偏差値64)
17位:観光学部交流文化学科(偏差値63)
17位:文学部文学科(偏差値63)
20位:現代心理学部映像身体学科(偏差値62)
20位:文学部キリスト教学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科(偏差値62)
20位:理学部生命理学科(偏差値62)
26位:理学部物理学科(偏差値61)
27位:理学部数学科(偏差値60)

異文化コミュニケーション学部は、単一学科でありながら立教大学内で最も高い偏差値を記録しています。
都心型キャンパスとして展開する立教大学は海外留学生が多く、また立教大学から海外に留学する学生も多いため、異文化コミュニケーション学部自体の人気が高まっています。
そのため偏差値も高くなりやすく、激戦となることが予想されるでしょう。

まとめ

立教大学の男女比を見ると、女子学生比率の方が高いとわかります。
唯一理学部だけ男子学生比率が高いこと、経営学部だけおよそ半々であることを覚えておきましょう。
学びたい内容と照らし合わせながら学部を選べば、理想通りの大学生活が手に入ります!