受験情報

2021.04.25

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)を学部別に徹底解説!対策もご紹介

目次

立教大学では、他大学と同様に総合型選抜(旧AO入試)を実施しています。 もし総合型選抜で合格できれば早めに進路を確定できるでしょう。

今回は、立教大学の総合型選抜(旧AO入試)について詳しく解説します。

学部別の解説や合格に向けた対策にも触れるため、参考にしてみてください。

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)とは?

総合型選抜(旧AO入試)とは、出願書類の志望理由書・面接諮問・実技試験・プレゼンテーション・ディスカッションなど大学独自の選考手法で実施される入試形態です。
科目ごとの試験だけでは測ることのできない総合的な力を見ることが目的であり、受験生の人物像と立教大学が求めるアドミッション・ポリシーとの合致度合いがチェックされることが多いでしょう。
まずは、立教大学の総合型選抜(旧AO入試)に関する概要を理解していくことが大切です。

立教大学の総合型選抜の概要

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)も、他大学と同様に人格・学業に対する意欲・中高生自時代の実績などに基づいて合否が決定されます。
個性重視の入試形態であり、立教大学生の模範となるような人物であることが求められるでしょう。
また、総合型選抜(旧AO入試)では学部によって選考手法が大きく異なります。
志望理由書など書類審査と面接諮問だけで完了する学部もあれば、実技試験やプレゼンテーション試験を伴う学部もあるため、あらかじめチェックしておくことが必須です。

立教大学の総合型選抜で求められる力

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)で求められる力は、知性・感性・幅広い視野・総合的な判断力・問題発見力など多岐に渡ります。
基本的には学部ごとに定められているアドミッション・ポリシーに沿った人物に合格を出すことが多いため、入学したい学部がある人は必ずチェックしておきましょう。
また、最低限の学力も求められます。
ペーパー試験がある場合はペーパー試験の点数を、ペーパー試験がない場合でも高校時代の学業成績を合否判定に活用することが多く、気を抜くことができません。

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)の学部別情報

ここからは、立教大学の総合型選抜(旧AO入試)を学部別に解説します。
それぞれ出願の条件や選考手法が異なるため、確認していきましょう。

文学部の総合型選抜情報

文学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接
・英作文
・外国語試験
(出願学科により異なる)

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC(CBTタイプ、検定版いずれも有効)
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

基準点は、学科により異なります。また、出願に必要な評定平均も異なるため注意しましょう。

出願に必要な書類

・志望理由書
・活動報告書

異文化コミュニケーション学部の総合型選抜情報

異文化コミュニケーション学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接
・小論文

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均の指定はありませんが、選択コースにより基準点は異なります。

・実用英語技能検定 [英検]
・IELTS(Academic Module)
・TEAPスコア
・TEAP CBT
・TOEFL iBT
・ドイツ語技能検定またはGoethe-Zertifikat
・実用フランス語技能検定試験
・スペイン語技能検定
・中国語検定試験または漢語水平考試(HSK)
・ハングル能力検定試験韓国語能力試験

出願に必要な書類

・志望理由書
・学修研究証明書
・推薦状
・課題作文

経済学部の総合型選抜情報

経済学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・総合科目試験
・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均の指定はありませんが、選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定スコア
・実用英語技能検定 [英検]
・GTECスコア
・IELTS(Academic Module)
・TEAPスコア
・TEAP CBT
・OEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書

経営学部の総合型選抜情報

経営学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接
・小論文

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均の指定はありませんが、選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT
・英語に関連する全国大会、国際大会等(例:英語ディベート大会、英語プレゼンテーション大会、模擬国連大会、英語エッセイコンテスト、SGH 研究発表大会)での極めて優秀な成績

出願に必要な書類

・志望理由書
・活動報告書
・IB Diploma

理学部の総合型選抜情報

理学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・小論文
・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均は3.8以上必要ですが、外国語資格に関するスコアの基準はありません。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書

・活動報告書

社会学部の総合型選抜情報

社会学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・筆記試験

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均の指定はありませんが、選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書
・自由研究

法学部の総合型選抜情報

法学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均は3.8以上必要であり、外国語資格試験に関しては選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書 ・活動報告書


観光学部の総合型選抜情報

観光学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・小論文
・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均は3.8以上必要であり、外国語資格試験に関しては選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・課題作文

コミュニティ福祉学部の総合型選抜情報

コミュニティ福祉学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均は3.5以上必要であり、外国語資格試験に関しては選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書
・活動報告書

現代心理学部の総合型選抜情報

現代心理学部の総合型選抜情報は、下記の通りです。

実施される総合型選抜

・面接

出願条件

出願条件として、下記いずれかの外国語資格保有者であることが求められています。
評定平均は3.5以上必要であり、外国語資格試験に関しては選択コースにより基準点は異なります。

・ケンブリッジ英語検定
・実用英語技能検定 [英検]
・GTEC
・IELTS(Academic Module)
・TEAP
・TEAP CBT
・TOEFL iBT

出願に必要な書類

・志望理由書
・活動報告書

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)に必要な評定はどれくらい?

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)を突破するには、最低3.5の評定平均が求められます。
学部・学科・コースによっては評定平均3.8以上を掲げているケースもあるため、注意しましょう。
また、「国語4.0以上」「地歴・公民(6単位以上修得必須)4.0以上」「地歴4.0以上など科目ごとの指定を設けているケースもあります。
また、これらの評定平均は出願するために最低限必要な数値であり、合格を保証するものではありません。
より確実に合格を狙うのであれば、5.0を狙う気持ちで普段の学習に臨んだ方がよいでしょう。

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)には英検何級あれば安心?

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)は、どの学部でも外国語試験のスコアが求められます。
実用英語技能検定(英検)のスコアで挑む場合、最低でも1,950点以上必要です。
英検には従来型・英検CBT・英検S-Interview・英検S-CBTの4種類がありますが、どれに挑戦しても問題ありません。
それぞれで獲得した級数・スコアは平準化されるため、平準化した結果1,950点以上になっているかチェックしてみましょう。
また、この基準は最低点であることに注意が必要です。
学部・学科・コースによっては2,600点が求められることもあります。
特に英語を使うことの多い学部・学科では基準が高くなる傾向にあるため、必ずチェックしておきましょう。
どうしても立教大学へ入学したい場合は、基準点の低い穴場学部を狙うのもひとつの手段です。

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)対策で行うべきこと

最後に、立教大学の総合型選抜(旧AO入試)対策として実施すべきことを紹介します。
合格可能性を少しでも上げるため、参考にしてみましょう。

学部ごとのアドミッション・ポリシーをチェックする

アドミッション・ポリシーとは、入学者の受け入れ方針をまとめたものです。
立教大学の特色・創立理念・教育方針などをまとめたうえで学部ごとに「どんな学生を求めているか」を文章化したものであり、受け入れの方向性が示されています。
総合型選抜(旧AO入試)対策のように入試点数次第で一律に合否を判定できない入試形態の場合、アドミッション・ポリシーに学生像が合致しているかを特に重視される傾向にあるのです。
そのため、総合型選抜(旧AO入試)対策で合格を目指す受験生は必ずアドミッション・ポリシーをチェックしたほうがよいでしょう。
合致するポイントが多ければ、面接時の印象もよくなるかもしれません。

外国語試験対策をしておく

立教大学の総合型選抜(旧AO入試)対策は、どの学部でも必ず外国語試験のスコアが問われます。
そのため、高校1年生の段階から外国語試験に挑戦し、少しずつでもスコアアップしていった方がよいでしょう。
出願基準を満たす以上のスコアが取れていれば、合否判定時にも有利になります。
当然、立教大学以外の入試や大学入学後の学生生活にも活きてくるため、取得しておいて損はありません。

まとめ

総合型選抜(旧AO入試)対策は、入学後の学びに対する高いモチベーションや中高生時代の活動を重視する選考手法です。
書類選考や面接だけでなく、学部ごとに多彩な選考が課されるため早めにチェックしておきましょう。
特に外国語試験対策は必須であり、早い段階からコツコツ取り組んでスコアアップしていく必要があります。
志望学部の基準点と照らし合わせながら、受験勉強さながらの対策をしていきましょう。