受験情報

2021.04.25

立教大学の全学部入試は併願可能?併願パターンも解説

目次

立教大学の全学部入試制度を活用すれば、受験のチャンスを増やせるためその分合格の可能性も上がります。
立教大学を第一希望にしている受験生にとってはとても頼もしい制度であり、活用しない手はありません。

今回は、立教大学の全学部入試が併願できるのか解説します。

併願のパターンにも触れていくため、参考にしてみましょう。

立教大学の全学部入試は併願可能か?

早速、立教大学の全学部入試の併願について解説します。
どこまでOKとされていて、どこからがNGなのか知り、入試制度を理解していきましょう。

異なる試験日の併願は可能

立教大学の全学部入試は、異なる試験日に限り併願することが可能です。
全学部入試の日程は文系学部で5日程(文学部のみプラス1日追加されて6日程)あるため、最大5回受験することが可能です。
理学部のみ全学部入試の日程が2日に限られているため受験のチャンスも2回になってしまいますが、一発勝負に賭けなくてよいのは非常に気持ちが楽になるポイントです。
立教大学へ確実に合格したい人は、異なる試験日を併願していきましょう。

同一試験日内での複数学科への出願は不可

ただし、同一試験日内で複数の学科に出願することはできません。
1つの日程につき1つの学部(学科・コース)のみに出願できることを知っておきましょう。
つまり、各日程1学部ずつ受験したとしても、最大で6学部(文学部や理学部に特化した日程もフル活用すれば最大7学部)の受験に限定されます。
立教大学は10学部を要する総合大学であるため、あらかじめ志望学部を絞り込んで対策していくことが欠かせません。

立教大学の全学部入試との併願パターンとは?

立教大学の全学部入試をフル活用すれば、さまざまな併願パターンを組むことが可能です。
なるべく進路の選択肢を増やすような併願をするか、志望する学部のみ単願で狙うような受験にするか考えながら、併願パターンを組んでいきましょう。
下記では、代表的なパターンをいくつか紹介します。

特定の学部だけ狙うパターン

特定の学部だけを狙うため、同じ学部にのみ出願しながら5日程すべて受験しきるパターンです。
例えば立教大学でも特に倍率の高い異文化コミュニケーション学部に入学を希望する場合、5日程全てで異文化コミュニケーション学部への出願をして問題ないでしょう。
どこか1つでも合格できた段階で受験を取りやめるか、他に併願できそうな大学を探してみるか選択すればよいのです。
ただし、学部ごとにアドミッション・ポリシーや合格のボーダーが異なるため、実力が明らかに伴っていない場合は5日程全て受験しても全て不合格になってしまう可能性があります。
実力がちょうどボーダーぎりぎりくらいを推移している場合に有効な手段であると理解し、滑り止め学部の受験も同時に検討してみましょう。

文学部だけ・理学部だけ狙うパターン

文学部だけを狙う場合、全学部入試5日程に加えて文学部入試1日程を追加できます。
全部で6回のチャンスを得られるため、他学部よりもチャンスを増やすことができるでしょう。
同様に、理学部だけを狙うパターンもあります。
理学部は、全学部入試の5日程で出願することはできません。
理学部に特化した2日程のみでしか受験できず、この2日程では他の学部に出願したり片方の日程だけ別の学部を受験したりすることはできないのです。v そのため、理学部ヘの合格を狙うのであれば2日程どちらとも受験しておいた方がよいでしょう。
文系学部との併願を希望するのであれば最大7回の受験チャンスが得られますが、入試科目が異なるため受験対策の効率が悪くなりがちなことに注意が必要です。

近い配点の学部を併願するパターン

近い配点の学部を併願することで、受験勉強の負担を軽減することが可能です。
どの科目に力をいれるか、選択科目の内容を何するか毎回検討せずに済むため、効率よく勉強できるでしょう。
例えば、経済学部と現代心理学部はともに国語150点・外国語150点・選択科目100点の配点がされています。v 社会学部は3科目全て100点、文学部史学科は3科目全て200点であり、配点こそ異なるものの科目ごとの比重は変わりません。
受験勉強の効率化を狙う場合の選択肢となるため、頭に入れておきましょう。

まとめ

立教大学の全学部入試は、併願することが可能です。
ただし、同一日程で複数の学部に出願することはできず、学部入試が5回あるようなイメージをしておくとよいでしょう。
理学部や文学部のように特殊な試験日程を課す学部もあれば、配点が同じもしくは近い学部もあり、さまざまな併願パターンが組めることも魅力です。
より立教大学への合格可能性を上げていくためにも、上手に活用していきましょう。