受験情報

2021.04.25

立教大学のサークルはやばい?やばいサークルの見極め方も解説

目次

「立教大学のサークルはやばい」という評判を耳にする機会があると、楽しみにしていた大学生活のイメージが一転、詐欺やトラブルに巻き込まれないか心配になってしまうことも多いものです。
しかし、立教大学のサークルは基本的に健全で、サークルごとに理想を掲げながら全うな活動をしていることが多いです。

今回は、「立教大学のサークルがやばい」という評判を検証していきましょう。

実際にやばいサークルを見極める方法にも触れますので、参考にしておくことをおすすめします。

立教大学のサークルはやばいって本当?

「立教大学のサークルはやばい」という評判は、実際の事件から広がっていることが多いです。
大半のサークルは優良かつ健全な活動をしているため心配ありませんが、ごく一部に危険なサークルがあることは知っておきましょう。
下記では、立教大学のサークルに関する評判について解説します。

ほとんどのサークルは健全

立教大学のほとんどのサークルは健全な活動をしており、純粋に趣味や興味に基づいて集った有志のメンバーです。
快適なサークル活動のために奔走している学生が多く、就活にも役立つようなことが多いことを知っておきましょう。
そのため、サークルを極度に怖がる必要はありません。
あくまでもごく一部の悪質なサークルだけがやばいことを知り、自分に合ったサークル選びをすることが重要です。

やばいサークルも少数あるため見極めは必要

とはいえ、実際に立教大学にやばいサークルがゼロであるとは限りません。
なかには大学サークルのふりをして近づいてくる宗教団体があったり、実際にサークルとして活動しつつその実態は高額なネットビジネスを目的としていたり、運動サークルとは名ばかりで不特定多数の男女と関係を持つことが目的である団体も存在します。
入学当初は立教大学の雰囲気に馴染もうと真面目に頑張る学生が多く、先輩(だと思われる人)の話には真剣に耳を傾けることが多いでしょう。
いざ違和感を覚えてからきっぱりと断ることは難しく、そのときにはSNSのアカウントや住所情報を交換してしまっていることも少なくありません。
怪しいサークルにひっかからないよう、見極めだけは十分にしておきましょう。

立教大学のサークルのタイプ別に解説

ここででは、立教大学のサークルをタイプ別に解説します。
同じ活動をしていてもタイプごとに雰囲気は大きく異なるため、チェックしておくことをおすすめします。

飲み会を目的としているゆるい系サークル

基本的に飲み会をするために集まっている、ゆるいサークルが存在します。
「テニスサークル」などと銘打っていても実際にテニスをすることはほとんどなく、その代わり週5日飲み会を開催しているというケースもあります。
人脈を広げつつお酒を楽しみたいという人にとっては、これ以上ない環境だと言えるでしょう。 また、活動よりも遊びを優先したい人にも向いています。
ただし未成年の飲酒が黙認されていたりコールやゲーム飲みが横行していたりするケースもあるため、健全に飲酒できるかは確認しておいた方がよいです。

飲み会と活動を両立する楽しい系サークル

飲み会と活動を両立する、楽しさ重視のサークルもあります。
テニスなどの活動もしつつ、その後の飲み会が恒例化している場合はここに当てはまるでしょう。
どちらもバランスよくできるため人気が高く、男女の出会いの場となることもあります。
楽しさ重視の集まりであるため、活動を重視したい人や本気で努力したい人にはあまり向きません。
反対に、とにかく緩めに楽しめればいいという人には向いています。

活動がメインでたまに飲み会を行うガチ系サークル

基本的に活動がメインであり、新入生歓迎会・卒業生の見送り・文化祭の打ち上げなど定期的な飲み会しかないサークルも存在します。
「週4日活動」などスケジュールが決まっていることが多く、それぞれのメンバーにもしっかり役割が与えられます。
真面目な人が多く、やりたい活動をやるために集まっているため真剣な雰囲気があります。
酔って前後不覚になるような飲み方をすることもほぼなく、あくまでも交流や意見交換がベースの飲み会となるでしょう。
活動を中心に学生生活を送りたい人に向いています。

活動しか行わないほぼ部活系サークル

飲み会は非常に稀で、基本的に活動しか行わない「部活」のようなサークルも存在します。
実際にサークル名義ではなく部活として大学に登録している団体も多く、競技会・大会・記録会・コンクールなどに出ることもあります。
つまり「記録・成績・結果を重視するサークル」だと言えるでしょう。
スポーツ推薦で入学した学生が所属する運動系の部活や、コンクール金賞を目指す吹奏楽部・演劇部・合唱部などに多い傾向があります。
健康管理のために飲み会を開催しないケースもあるため、飲み会をしたくない人にも向いています。

立教大学のやばいサークルを避ける見分け方とは?

最後に、立教大学におけるやばいサークルを見分ける方法を紹介します。
無用なトラブルに巻き込まれないためにも、下記に当てはまるサークルには注意しておきましょう。

個別に勧誘してくるサークル

学食や教室などで個人をターゲットにした声かけ勧誘をしてくるサークルは要注意です。
見た目は普通のサークルでも実際は宗教やマルチ商法を勧めるサークルであることが多く、大々的に活動できないからこそ個別に勧誘してきます。
多くのサークルは新入生歓迎期における出店やスペースの出店・チラシやポスターを使った対外的な情報発信による勧誘のみを手掛けているため、明らかに違うと思ったら避けておきましょう。

法律違反を見逃すサークル

未成年飲酒・未成年喫煙・飲酒運転・無賃乗車・歩きたばこなど、法律・条令に違反することを暗黙の了解としているサークルも危険です。
罰金を取られる程度で済めば勉強のひとつと捉えることができますが、車で人と事故を起こしたり急性アルコール中毒で命の危険にさらされたりした場合、大学生活の全てを投げ出さざるを得ないでしょう。
健康・お金・評判・就活などの未来を一気に失うこともあります。「大学生なんてみんなこうだろう」と甘んじないことが重要です。

まとめ

立教大学で「やばい」と噂されているサークルは、ごく一握りです。
飲酒を強要させるようなサークルや無理な宗教勧誘などを手掛けるサークルに注意し、自分にあったサークル選びをしていきましょう。