受験情報

2021.10.21

【立教大学文学部の英語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

立教大学の文学部は、英語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。
今回は、立教大学文学部の英語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校の1つとして検討している方はぜひ参考にしてみてください。

立教大学文学部の入試情報

まずは、立教大学文学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験のイメージを固めていきましょう。

立教大学文学部の入試情報

立教大学文学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別一般試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テスト利用入学試験では、3科目型・4科目型・6科目型の3種類のうち希望するものを選択できます。

3科目型の場合、受験科目は以下の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択(200点)

4科目型の場合、受験科目は以下の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から2科目選択(200点)

6科目型の場合、受験科目は以下の通りです。
・外国語(200点)
・国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から4科目選択(100点)

ただし、史学科に限り、地理歴史・公民から1科目選択(200点)が必須となります。 基本的にはどの科目も同じ比重で採点されますが、6科目型の選択科目のみ、100点満点で採点されます。

学部別一般試験

学部別一般試験では、下記3科目を使って受験します。

・国語(200点)
・地理歴史、数学から1科目選択(150点)
※ただし史学科のみ200点計算 ・外国語(200点)

大学入学共通テスト利用入学試験同様、国語と外国語の採点比重が大きくされています。
ただし、外国語については各種検定試験のスコアもしくは大学入学共通テストの点数を利用する形式と、大学独自の英語入試と、どちらも用意されています。
各種検定試験のスコアもしくは大学入学共通テストの点数を利用する形式を選択した場合、受験日当日の外国語試験は課されません。

立教大学文学部の学科ごとの偏差値

立教大学文学部の偏差値は、学科ごとに多少の差が見られます。
文学科と史学科の偏差値が62.5であり、キリスト教学科・教育学科は60.0~62.5程度です。
なかでも、文学科日本文学専修及び文学科文芸・思想専修の偏差値が高いケースが多く、年度によっては62.5程度まで伸びています。

立教大学文学部の倍率情報

立教大学文学部の倍率は、入試方式により異なります。

大学入学共通テスト利用入学試験の場合、下記の通りです。

・キリスト教学科2.1~4.0倍
・文学科2.0~3.4倍
・史学科2.0~3.8倍
・教育学科2.9~6.0倍

3科目型より4科目型及び6科目型の方が、比較的倍率が低くなりやすい傾向にあります。

学部別一般試験の場合、下記の通りです。

・キリスト教学科4.3倍
・文学科3.2倍
・史学科4.5倍
・教育学科5.5倍
年度によって多少の差があるため、参考程度に捉えておくとよいでしょう。

立教大学文学部の英語の入試情報

ここからは、実際に文学部の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

文学部のみ英語の独自試験が実施される

立教大学では、2021年度入試から、学部別一般試験における英語の試験が廃止されます。
文学部でも、2月初旬にある第1回目の学部別一般試験では、英語のペーパー試験はおこなわれません。
その分、大学入学共通テスト利用入学試験の結果もしくは各種検定試験のスコアの結果を活用し、200点満点に換算したうえで合否判定に採用します。

ただし、2月中旬にもう一度実施される学部別一般試験では、文学部に限り英語のペーパー 試験を実施します。

1回目の受験で不合格になってしまった場合や、他大学と併願する関係で2回目試験のみ受験する場合、独自試験への対策が必須となるため注意しましょう。

基本情報

立教大学文学部の英語は、75分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別一般試験に限り記述形式も加わります。
国語科目と同様に200点満点で換算されるため、最も採点比重の大きい科目のひとつです。

立教大学文学部の英語の難易度はどれくらい?

扱われる文法知識やイディオムは平易なものであるため、基礎・基本に忠実な学習ができていれば、難しくありません。
しかし、大問1~2の文章量が多く、内容理解度を問うような正誤問題が多いため、精読が必須となってくるでしょう。
その分小さなミスが多くなりやすく、全体の難易度を底上げしています。

立教大学文学部の英語の傾向・特徴

次に、更に踏み込んで英語の対策法を確認していきましょう。
立教大学文学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

大学入学共通テストに力を入れることがおすすめ

立教大学文学部の入試では、他学部と同様、大学入学共通テストの結果を利用できます。
しかし、万が一1回目の試験で不合格になってしまった場合、2回目の試験に臨む必要があります。
その場合、他学部では課されていない英語のペーパー試験をクリアする必要があり、対策すべき項目が多くなります。
まずは大学入学共通テストの点数を底上げし、1回目の試験で確実に合格を狙うのが、賢いやり方だと言えるでしょう。

口語独特の表現を学んでおく

立教大学文学部の英語では、毎年会話文が扱われます。
口語独特の表現が使用されることも多く、知らなければ解けない問題であることも多いです。
他大学では論説文などが中心になることが多く、論説中心の長文対策ばかりやっていると、立教大学文学部の英語には対応できません。
忘れずに会話文対策もしておくよう、心がけましょう。

特定の単元に偏らない対策が必要

立教大学文学部の英語は、特定の単元に出題傾向が偏ることが少ないです。
分量の多い長文問題や文法・イディオムの知識を問うものはもちろん、発音や会話文なども扱われます。
特に発音は他大学で一切出題されないことも多く、対策を忘れがちな単元であるため、注意しましょう。
また、インタビューや討論形式の問題も扱われるため、テンポよく読む練習も必要です。

立教大学文学部の英語対策

ここでは、立教大学文学部の英語で高得点を取るための勉強法を解説します。
大学入学共通テスト利用入学試験を狙うのか、学部別一般試験を狙うのかにもよって対策法は多少変わるため、ここでは共通している項目だけをピックアップしてお伝えしていきます。

長文対策

立教大学文学部の英語長文は、内容把握に関する問題が多いです。
内容正誤問題や、指示語の内容を選択させるような問題が中心であり、速読よりも精読を重視した方がよいでしょう。
段落ごとに内容を理解し、セクションごとに読み進めていくなど、細分化することも大切です。
長い文章でも混乱せず読めるよう、整理しながら読む力を養っていくことをおすすめします。

文法・語彙対策

文法・語彙単元については、特殊な難問・奇問は出題されません。
基本的な暗記を中心に、会話文独特の口語表現なども交えながら対策していけば、問題なく解答できるでしょう。
ただし、発音記号対策など、対策を忘れがちな単元も存在します。
文法・語彙だけに特化した参考書よりも、オールラウンドに学べる参考書を使い、抜け・漏れのない対策をしていくことが欠かせません。

立教大学文学部の英語対策におすすめの参考書

次に、立教大学文学部の英語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

長文対策

まずは、長文対策用の参考書です。
分量も多く、時間のかかる出題であることが多いため、以下の利用を検討してみましょう。

テイエス企画『英文「超」精読――ほんとうの意味がわかる』(富岡英敬)

英語構文を学ぶことで、精読力を上げる一冊です。
大学受験用に特化した参考書ではありませんが、単語やフレーズの断片だけに頼ることなく、センテンスを基本単位として読み解く力を養いたいときに便利です。
英文法に関する基本的な講義ページもあるため、長文を読みながら英文法の復習をしたいときにも向いているでしょう。

研究社『英文読解の透視図』(篠田重晃)

早慶上智など難関私立大学の長文にも対応できるよう、深いレベルの読解解説をおこなう参考書です。
一文一文に対する丁寧な解説が中心となっているため、速読重視のテクニックよりも、精読重視の分析力を養えます。
パート1から徐々にレベルアップする構成になっているため、精読に苦手意識のある人や、入試問題対策を始めたての人にもおすすめです。

文法・語彙対策

次に、文法・語彙対策の参考書です。
会話表現や発音記号を含む参考書をピックアップしているため、立教大学文学部に特化して勉強したい人におすすめです。

KADOKAWA『大学入試 肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本』(肘井学)

長文を読むために特化した英文法用参考書です。
学校や予備校で基本的な英文法の概要を学んでから挑戦すると、より深いレベルで理解しやすくなるでしょう。
文法そのものの解説はもちろん、長い文章のなかに配置されることでどのような役割を果たすかまで解説されているため、より実践的な精読スキルを養えます。

KADOKAWA『大学入試問題集 関正生の英文法ポラリス[3 発展レベル]』(関正生)

全国の入試問題から、英文法問題だけを抜粋した参考書です。
大学のレベルごとに細分化されているため、立教大学文学部と同じレベルの問題だけを集中的に解きやすく、頻出単元に絞った効率のよい学習を叶えます。
解説よりも実践重視の参考書であるため、演習問題の量を重視したい人に最適です。

立教大学文学部の英語の過去問情報

最後に、立教大学文学部の英語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
脳科学に関する話題がピックアップされ、普段触れ慣れていない英単語に困惑した学生が多かった年度でした。
内容の難しさに左右されることなく、確実な精読をする力が試されていると分かります。

2019年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
人種差別に基づく人権問題や、自然科学に関する問題など、幅広く扱われた年度でした。
会話文の問題量が例年より多かった年でもあり、バランスのよい学習経験が問われます。

まとめ

立教大学文学部の英語は、大学内で唯一学部別一般試験におけるペーパー試験が課されます。
長文や英文法だけでなく、会話文や発音など幅広い知識が必要であるため、時間をかけて対策していく必要があります。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。