受験情報

2021.08.18

【立教大学の生物の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

目次

「立教大学を受験したいけど、生物の勉強法がわからない」
「生物の傾向や対策を知りたい」

この記事ではそんな疑問を解決します。

具体的には
・立教大学の生物の入試基本情報
・立教大学の生物の入試傾向を解説
・立教大学の生物の対策ポイント
・立教大学の生物で高得点を取るための勉強法
・立教大学の生物対策におすすめの参考書5選
の順に解説します。

10分くらいで読めますし、生物の勉強の指針が立つ可能性が高いのでぜひ一読ください。

立教大学の生物の入試基本情報

まずは立教大学の生物の入試基本情報を解説します。
・試験時間
・出題形式
など知っておくと勉強する際の意識も変わるのでしっかり確認していきましょう。

出題範囲

出題範囲は生物基礎、生物のすべての分野となります。

出題形式と解答形式

大問は毎年5~6つです。ただし2020年は大問が4つでしたので、イレギュラーなことがあることを覚えておきましょう。

解答形式はマーク式と記述式。

出題形式は
・空欄補充
・用語に関する記述
・実験考察
・計算問題
などが多くみられます。毎年、1行か10~15文字程度の記述が出題されているのも覚えておきたいポイントです。

配点情報

配点情報は以下です。

〈理学部〉
・数学科…100/400
・生命科学科…150/350

数学科では生物は4分の1の配点ですが、生命科学科では約半分を占めています。

試験時間と時間配分

試験時間は75分です。

大問は毎年、5~6つですが2020年は4つでした。そのため事前に決めていた時間配分で解いていたら最後に大問が1つあったということになるかもしれません。

そのため柔軟な戦略が必要です。生物の問題は知識系の問題と実験などの計算系の問題にわかれます。

戦略としては知識の問題は、頭にすでにあるものをそのまま書くだけなので初めに終わらせましょう。

計算を必要とするものは、解けそうな大問から解いていきます。この時、3分以上詰まる問題がったら飛ばすのがポイント。

1つの問題に固執すると全体に影響して結果的に得点が低くなることがあります。

このような時間配分のやり方は本番だけ実行してもできるものでありません。模試や過去問の段階から練習していきましょう。

生物が必要となる学部はどこ?

立教大学で生物が必要なのは理学部の
・数学科
・生命科学科
のみです。

・物理学科
・化学科
では生物を選択できないので注意してください。

立教大学の生物は難しい?難易度を解説

立教大学の生物の難易度は標準レベルからやや発展レベルです。実験考察や計算問題では少し発展的な問題がでるので対策が必要です。

【立教大学の入試物理の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

立教大学の生物の入試傾向を解説

次に立教大学の生物の入試傾向を3つ解説します。入試傾向を知っておくことで効率の良い勉強が出できるので、しっかり押さえていきましょう。

遺伝情報、細胞、生殖・発生の分野が頻出

1つ目の入試傾向は遺伝情報、細胞、生殖・発生の分野が頻出であることです。立教大学の生物では出題内容に傾向がみられます。

特に遺伝情報の問題は最近だと、2017、2018、2020年と頻繁に出題されています。また2017年、2018年は全体のうち大問2つが遺伝情報です。

他にも細胞、生殖・発生の分野が頻繁にみられます。

傾向がわかっていれば、効率的に高得点が狙えます。遺伝情報、細胞、生殖・発生は特に力を入れて勉強しましょう。

論述が頻出

2つ目の入試傾向は論述が頻出であることです。とはいえ長い論述ではなく、1行や15文字程度の論述。

2019年には15文字程度の論述が3問も出題されています。内容は語句をしっかり理解できているかを問うものが多いです。

そのため語句を単純に答えられるかだけでなく、語句の意味を説明できるかが重要といえます。

考察問題が増えている

3つ目の入試傾向は考察問題が増えていることです。立教大学の生物では、グラフや実験から読み取り考察する問題が増えています。

さらに近年では教科書にみられないグラフや実験からの出題も多く難化傾向です。

このような難しい問題を解くにはレベルの高い参考書での演習はもちろん有効です。ですが難易度の高い参考書に行く前に、基礎知識の理解ができているか確認してください。

考察問題は自分の知っている基礎知識と与えられた情報をもとに考える問題です。そのため基礎知識の理解が浅い状態で演習を積むと効率が悪くなってしまいます。

まずは十分に基礎知識を固めてから発展的な内容に取り組みましょう。

【立教大学の入試化学の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

立教大学の生物の対策ポイント

立教大学の生物の傾向は
・遺伝情報、細胞、生殖・発生の分野が頻出
・論述が頻出
・考察問題が増えている
ということでした。

次はこれらの傾向を持つ立教大学生物の対策ポイントを3つ解説します。

基礎知識を重視する

1つ目の対策ポイントは基礎知識を重視することです。なぜなら生物では知識問題がとても多いからです。

例えば化学や物理であれば、暗記する知識の量は少なく計算問題がとても多い傾向があります。ですが生物の場合は逆。知識の問題が圧倒的に多いです。

実際に立教大学の生物では穴埋め問題や選択問題が多く、正確に基礎知識が理解できているかがよく問われています。

合格するために応用的な問題を解きたい気持ちはわかりますが、基礎知識を落としていては合格は厳しいでしょう。

生物では基礎知識を固めることが大切なのだと忘れないようにしてください。

実験を読み説く力をつける

2つ目の対策ポイントは実験を読み説く力をつけることです。立教大学の生物ではやや難易の高い
・計算問題
・実験の問題
が出題されています。

これらを解くには長い問題文を正確に理解すること大切です。

ですが実験問題に慣れていない人は問題文の理解が難しいはずです

基礎知識を身に付けた人は実験問題の演習量を増やしていきましょう。難易度が少し高い参考書を1冊やり切るだけで実験を読み解く力は全くかわります。

短く論述する力をつける

3つ目の対策ポイントは短く論述する力をつけることです。入試傾向で見たように立教大学の生物では短い論述問題が頻出です。

問題数も3問前後出題されますから必ず得点したいところです。

適切な単語を入れながら短く論述する力をつけるには、語句やインプットした知識を自分で説明できるくらい落とし込むことが大切です。

参考書で重要語句が出てきた際は、参考書を裏返し、何も見ずに説明できるか試してみましょう。重要語句ごとにこれをすることで論述の力はめきめき伸びます。

立教大学の生物で高得点を取るための勉強法

立教大学の生物の
・入試傾向
・対策ポイント
を押さえた後は高得点を取るための具体的な勉強法を3つ解説します。

受験で陥りがちな罠を防止する勉強法になっていますのでぜひ一読ください。

図やイラストを見ながら基礎知識を学ぶ

勉強法の1つ目は図やイラストを見ながら基礎知識を学ぶことです。生物は計算問題よりもまず知識問題が解けることが大切。

なぜなら
・出題の割合として知識問題の方が多い
・基礎知識の上に計算問題がなりたっている
からです。

そして基礎知識を学ぶ際は図やイラストも同時に確認するようにしてください。イラストを見ることで、文章だけよりも記憶は定着しやすくなります。

また実験の問題文を読む際、イラストや図で理解しているとイメージが浮かびやすく有利です。

イラストや図を見る勉強習慣をつけるか付けないかで1年後の実力は大きく変わってきます。ぜひ基礎知識を学ぶ際は図やイラストを見る習慣をつけましょう。

問題集で基礎知識のテストをする

勉強法の2つ目は問題集で基礎知識のテストをすることです。なぜならテストをすることで客観的に知識が頭に入っているか確認できるからです。

受験をするうえで陥りがちな罠があります。それは「できたつもりになる」ことです。

受験生は「参考書3周したから完璧!」と自分の都合のいいように考えてしまいます。

出来たつもりになって受験当日、困ったことにならないためにも、問題集で本当にできているか客観的にチェックしていきましょう。

そしてできていないところがあれば
・解説を読む
・参考書で間違えた分野を学びなおす
などして必ずフォローします。

このように自分で、できたと判断するのではなく、テストを行い客観的に「できた」を積み上げることで成績は確実に伸びていきます。

実験問題を解く

勉強法の3つ目は実験問題を解くことです。基礎知識を身に付けた後はいよいよ実験問題を解いていきましょう。

実験問題は知識を単純に解答する知識問題より難易度がぐんと上がります。

だから最初は
・問題文が理解できない
・知識をどう使ったらいいかわからない
などあると思います。

ですがわからない問題の解説を読み、「わからない」から「わかった」を増やしていくことで、実験問題に対応する力は確実につきます。

実験問題が取れるようになれば、一気に合格に近づきますから頑張っていきましょう。

立教大学の生物対策におすすめの参考書5選

ここまで立教大学生物の
・入試傾向
・対策ポイント
・勉強法
を解説してきました。

ここからはさらに具体的に、立教大学の生物対策でおすすめの参考書を5つ紹介します。

下に行くほど難易度の高い参考書になっていますので、自分のレベルに合わせてご覧ください。

「田部の生物基礎をはじめからていねいに」

おすすめの参考書1冊目は「田部の生物基礎をはじめからていねいに」です。

「田部の生物基礎をはじめからていねいに」は
・生物基礎を勉強したことがない人
・生物を苦手な人
におすすめの講義形式の参考書。

生物は暗記量が多いため単純作業になりがちですが、この参考書は用語やポイントを一から解説してくれます。

さらに重要語句は赤字になっているため覚えやすく、最後には確認テストもついているのでフォローもばっちりです。

また使われている図やイラストは、教科書にありがちな小さなサイズではなく、ページを大きく使ったイラストなので見やすいのも嬉しいポイントです。

生物基礎をわかりやすい講義形式で学びたい人は使ってみてください。

「高校これでわかる 生物基礎 新課程版」

2つ目の参考書は「高校これでわかる 生物基礎 新課程版」です。

「高校これでわかる 生物基礎 新課程版」は生物基礎における基礎がイラストや図を用いてわかりやすく紹介されている参考書です。

一見、「田部の生物基礎をはじめからていねいに」より堅く、教科書のような印象を覚えますが、読んでみるとわかりやすい解説だとわかります。

そのため教科書では生物基礎が理解しにくかったという人はこの参考書を読むことで一気に理解が進むはずです。

分量的には十分ですが、演習問題がついていないことに注意してください。

この参考書を終えた後は、次に紹介する「生物基礎の必修整理ノート新課程版」を使うのがおすすめです。

「生物基礎の必修整理ノート新課程版」

3つ目の参考書は「生物基礎の必修整理ノート新課程版」です。

「生物基礎の必修整理ノート新課程版」は生物基礎を一通り勉強し終わった人が、知識の確認をするのにおすすめの参考書です。

内容は始めに空欄補充で語句の確認をし、そのあと演習問題で基礎知識の使い方を学んでいくもの。

効率よく知識の確認ができますが、解説が詳しいわけではありません。

そのため初学者はいきなり「生物基礎の必修整理ノート新課程版」をやるのではなく、「高校これでわかる 生物基礎 新課程版」のような講義系の参考書を勉強した後に取り組むと効率がいいでしょう。

生物基礎の基礎知識は生物のどの問題を解くうえでも大切ですから、完璧にできるまで何度も繰り返しましょう。

「生物 基礎問題精講」

4冊目の参考書は「生物 基礎問題精講」です。「生物 基礎問題精講」は関関同立やMARCHレベルの生物の演習ができる参考書。

標準的な問題のなかでも重要なものが集められています。

網羅性はないものの、その分解説が詳しく、「生物 基礎問題精講」と過去問を組み合わせることでMARCHレベル実力が付きます。

私大で問われるような細かい知識も学習できますから、間違えたところはしっかり復習し、全問正解できる状態になるまで学習しましょう。

「大森徹の最強講義117講生物」

5冊目の参考書は「大森徹の最強講義117講生物」。「大森徹の最強講義117講生物」は難関大学や国公立レベルの演習ができる参考書です。

知識問題だけではなく
・実験問題
・計算問題
・論述
など難易度の高い問題が収録されています。

そのためMARCHレベルの力が身についた後に取り組むことで、スムーズに力をつけられます。

立教大学の生物を得点源にしたいという人は「大森徹の最強講義117講生物」に取り組むことで、高得点を狙えるでしょう。

まとめ

ここまで立教大学の生物について解説してきました。立教大学の生物は暗記量も多いですが、その分、一度身に付けてしまえば安定して得点できます。

難しい問題も出ますが、まずは基礎をかためることに集中して学習していきましょう。

立教大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介