受験情報

2021.08.17

立教大学の就職先を学部ごとに紹介!就職に強い学部についても解説

目次

今回は立教大学の学部ごとの就職先を見ていきます。
学部を迷っている方は将来的に自分のつきたい業界への就職実績が多い学部を選ぶのも手です。
是非参考にしてみてください。

立教大学の学部ごとの就職率と大手就職先

文系

文学部

<就職率>
就職決定者・・・79.9%
進学決定者・・・5.0%
就職先未決定者・・・3.2%
その他・・・11.8%
<就職先>
1位:東京都教員【業種:教育】…8人
2位:埼玉県教員【業種:教育】…5人
2位:神奈川県教員【業種:教育】…5人
4位:ジュピターショップチャンネル(株)【業種:小売業(その他小売)】…4人
4位:千葉県教員【業種:教育】…4人
6位:(株)常陽銀行【業種:金融業・保険業(銀行・信託)】…3人
6位:NTTコミュニケーションズ(株)【業種:運輸・通信】…3人
6位:(株)メタルワン【業種:卸売業(専門商社)】…3人
6位:エヌエヌ生命保険(株)【業種:金融業・保険業(保険)】…3人
6位:茨城県教員【業種:教育】…3人
東京を含む近隣での教員としての就職が上位を占めています。
教育学部がない分、文学部で教員免許を取得するために学ぶ人が多いためです。

経済学部

<就職率>
就職決定者・・・88.7%
進学決定者・・・1.5%
就職先未決定者・・・0.6%
その他・・・9.1%
<就職先>
1位:新日本有限責任監査法人【業種:専門サービス】…4人
2位:イオンモール(株)【業種:不動産】…3人
2位:(株)オープンハウス【業種:不動産】…3人
2位:双日(株)【業種:卸売業(総合商社)】…3人
2位:(株)ジェーシービー【業種:金融業・保険業(信金・信販)】…3人
2位:三菱UFJ国際投信(株)【業種:金融業・保険業(その他の金融)】…3人
2位:(株)ケン・コーポレーション【業種:不動産】…3人
サービス・不動産といった業界への就職が上位を占めています。
公務員よりも一般企業への就職がメインになっていると言えます。

社会学部

<就職率>
就職決定者・・・90.1%
進学決定者・・・0.9%
就職先未決定者・・・1.5%
その他・・・7.5%
<就職先>
1位:(株)サイバー・コミュニケーションズ【業種:放送・広告・映像】…4人
2位:(株)インテリジェンス【業種:その他のサービス】…3人
2位:(株)JTBコーポレートセールス【業種:運輸・通信】…3人
2位:(株)オープンハウス【業種:不動産】…3人
2位:日本出版販売(株)【業種:卸売業(専門商社)】…3人
2位:(株)そごう・西武【業種:大規模小売店】…3人
2位:沖電気工業(株)【業種:製造業(電気機械)】…3人
2位:(株)システムコンサルタント【業種:情報サービス】…3人
業界大手のへの就職が目立ちます。
こちらも経済学部と同じく民間企業への就職志向が強いと言えます。

法学部

<就職率>
就職決定者・・・85.9%
進学決定者・・・3.2%
就職先未決定者・・・1.6%
その他・・・9.4%
<就職先>
1位:裁判所事務官一般職(旧裁判所事務官2種 )【業種:公務】…5人
2位:警視庁【業種:公務】…3人
2位:日本年金機構【業種:非営利団体】…3人
2位:NTTファイナンス(株)【業種:その他のサービス】…3人
2位:労働基準監督官【業種:公務】…3人
2位:オリンパス(株)【業種:製造業(精密機械)】…3人
裁判所・警視庁・労働基準監督官など学んだ法律を活かした就職している人が上位を占めています。
法学部らしさが出ている就職先になっています。

観光学部

<就職率>
就職決定者・・・91.3%
進学決定者・・・1.4%
就職先未決定者・・・0.5%
その他・・・6.8%
<就職先>
1位:(株)JTB関東【業種:運輸・通信】…5人
2位:(株)NAAリテイリング【業種:その他のサービス】…4人
3位:エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)【業種:情報サービス】…3人
4位:(株)オリエントコーポレーション【業種:金融業・保険業(信金・信販)】…2人
4位:東京瓦斯(株)【業種:電気・ガス】…2人
4位:(株)プリンスホテル【業種:観光業・興業・娯楽】…2人
4位:(株)東日本銀行【業種:金融業・保険業(銀行・信託)】…2人
4位:三井不動産商業マネジメント(株)【業種:観光業・興業・娯楽】…2人
4位:(株)JTBグローバルマーケティング&トラベル【業種:運輸・通信】…2人
4位:(株)ジャルセールス【業種:運輸・通信】…2人
4位:ユニゾホールディングス(株)【業種:不動産】…2人
4位:三菱UFJ不動産販売(株)【業種:不動産】…2人
4位:北海道庁【業種:公務】…2人
観光をはじめとしたサービス業界の就職者が多くいます。
しかしながら、必ずしも観光業に携わっているわけではないので広く民間への就職ができていると言えます。

コミュニティ福祉学部

<就職率>
就職決定者・・・86.0%
進学決定者・・・3.0%
就職先未決定者・・・1.5%
その他・・・9.4%
<就職先>
1位:富士ソフト(株)【業種:情報サービス】…3人
1位:(株)ベネッセスタイルケア【業種:医療・福祉】…3人
1位:日本赤十字社【業種:医療・福祉】…3人
1位:(株)ニチイ学館【業種:医療・福祉】…3人
1位:(社福) 永寿荘【業種:医療・福祉】…3人
6位:(株)ニトリ【業種:小売業(家具)】…2人
6位:NECソリューションイノベータ(株)【業種:情報サービス】…2人
6位:(株)パソナ【業種:その他のサービス】…2人
6位:千葉県庁【業種:公務】…2人
6位:旭化成ホームズ(株)【業種:建設】…2人
6位:(株)ウィルグループ【業種:その他のサービス】…2人
6位:全国健康保険協会【業種:非営利団体】…2人
6位:佐川急便(株)【業種:運輸・通信】…2人
6位:オリックス野球クラブ(株)【業種:観光業・興業・娯楽】…2人
6位:千葉市役所【業種:公務】…2人
学部の名前通りコミュニティや福祉を通して学んだことを活かした就職先になっています。
高齢化が進んでいるため学部で学んだ知識の活躍の場は広いと言えます。

経営学部

<就職率>
就職決定者・・・89.5%
進学決定者・・・2.8%
就職先未決定者・・・0.6%
その他・・・7.1%
<就職先>
1位:日本アイ・ビー・エム(株)【業種:製造業(電気機械)】…4人
2位:(株)NTTドコモ【業種:運輸・通信】…3人
2位:TIS(株)【業種:情報サービス】…3人
2位:三菱商事(株)【業種:卸売業(総合商社)】…3人
2位:トランス・コスモス(株)【業種:情報サービス】…3人
2位:デロイト トーマツ コンサルティング(株)【業種:その他のサービス】…3人
7位:(株)日立製作所【業種:製造業(電気機械)】…2人
7位:富士通(株)【業種:製造業(電気機械)】…2人
7位:(株)コーセー【業種:製造業(化学工業)】…2人
7位:(株)武蔵野銀行【業種:金融業・保険業(銀行・信託)】…2人
7位:アスクル(株)【業種:専門サービス】…2人
7位:ライオン(株)【業種:製造業(化学工業)】…2人
7位:豊田通商(株)【業種:卸売業(総合商社)】…2人
7位:日本たばこ産業(株)【業種:製造業(食品)】…2人
7位:TOTO(株)【業種:製造業(窯業・土石製品)】…2人
7位:(株)富士通マーケティング【業種:卸売業(専門商社)】…2人
7位:JKホールディングス(株)【業種:卸売業(専門商社)】…2人
わかりやすい業界(最)大手へ就職が目立っています。
現在立教大学の経営学部への企業からの期待値はかなり上がっています。
そのため就活でもかなり有利に進められ、大企業への就職も可能にしているといえます。

現代心理学部

<就職率>
就職決定者・・・73.9%
進学決定者・・・8.2%
就職先未決定者・・・3.3%
その他・・・14.6%
<就職先>
1位:(株)サイバー・コミュニケーションズ【業種:放送・広告・映像】…2人
1位:(株)ワークスアプリケーションズ【業種:情報サービス】…2人
1位:(株)武蔵野銀行【業種:金融業・保険業(銀行・信託)】…2人
1位:レバレジーズキャリア(株)【業種:その他のサービス】…2人
1位:(株)静岡銀行【業種:金融業・保険業(銀行・信託)】…2人
1位:朝日生命保険(相)【業種:金融業・保険業(保険)】…2人
1位:(株)東京ドーム【業種:観光業・興業・娯楽】…2人
1位:(株)セガ【業種:製造業(一般機械)】…2人
心理学とは直接関係なさそうな、就職先が目立ちます。
実際、カウンセラーにでもならない限り心理学を直接仕事に活かすことは難しいのでその結果といえます。
これは立教大学に限らず、心理系の学部につきまとう問題なので仕方がないといえます。

異文化コミュニケーション学部

<就職率>
就職決定者・・・87.5%
進学決定者・・・3.9%
就職先未決定者・・・1.6%
その他・・・7.0%
<就職先>
1位:(株)ワークスアプリケーションズ【業種:情報サービス】…2人
1位:郵船ロジスティクス(株)【業種:運輸・通信】…2人
1位:東洋冷蔵(株)【業種:卸売業(専門商社)】…2人
1位:ロータスビジネスコンサルティング(株)【業種:その他のサービス】…2人
立教大学の中で最難関の異文化コミュニケーション学部ですが、そもそも少人数の学部のため就職先実績も少なくなっています。
就職実績が悪いというわけではないので安心してください。
英語を活かした仕事をしたいと思う方が多いようです。

理系

理学部

<就職率>
就職決定者・・・61.8%
進学決定者・・・29.8%
就職先未決定者・・・1.5%
その他・・・7.0%
<就職先>
1位:SCSK(株)【業種:情報サービス】…3人
1位:富士電機(株)【業種:製造業(電気機械)】…3人
1位:(株)日立製作所【業種:製造業(電気機械)】…3人
4位: エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)【業種:情報サービス】…2人
4位:日産自動車(株)【業種:製造業(輸送用機械)】…2人
4位:(株)大塚商会【業種:卸売業(専門商社)】…2人
院に進む人が多いため、4年次の就職実績は文系に比べると控え目です。
それでも、多くの人が見たことのあるであろう大手企業への就職実績があります。

立教大学の浪人率はどれくらい?その他私立大学の浪人率も紹介

立教大学で就職に強い(就職状況がいい)学部ベスト3

第3位:経営学部

就職率は98.7%と、非常に高い水準を維持しています。
就職率は就職希望者の中で就職ができた割合を示しています。
特に、製造業に就職するケースは22.8%と、経営学部のなかでもっとも人気があります。
それ以外にも、サービス業や情報・通信業、卸売・小売業など、幅広い業種の就職実績を持ちます。
経営学部で学んだ体系的な知識が就活でも活かされているといえます。

第3位(タイ):社会学部

就職率は98.7%と経営学部と同水準になっています。
社会学部の主な就職先は、製造業の18.6%、情報・通信業の16.6%、金融・保険業の12.8%の順で多くなっています。
また、公務員に就職する割合が12.1%と高い割合であるのも特徴です。

第2位:観光学部

就職率99.1%とこちらも高い就職率となっています。
観光学部では、全体の24.6%がサービス業に就職するなど、同業種が高い人気を集めています。
就職先も、JTBやエイチ・アイ・エスなど、観光に関する知識をしっかりと活かせる企業が中心です。
大手観光業の中では立教大学の観光学部出身者は一大派閥となるほど多くいます。

第1位:コミュニティ福祉学部

なんと就職率99.2%という驚異的な数値です。
格差問題や地域社会の変容、少子高齢化といった専門的な知識を習得するため、卒業後の進路も選びやすい傾向にあります。
比較的人手不足の業界の中で立教大学出身ともなれば引く手数多なのは納得です。
主な就職先は、観光学部と同じくサービス業が中心です。

立教大学卒業生の年収は平均いくら?大学別年収ランキングも紹介

立教大学は就職に強い?弱い?

男子の場合

他のMARCHの大学と比べると立教大学の大手企業への就職者が少ないように見えてしまいます。
しかし、立教大学の男子学生が就職で不利なわけではなく、単に人数が少ないというだけです。
むしろ、上場企業の役員の出身大学を比べた時、MARCHの中で一番役員になっている割合が高いです。
MARCH自体が就職で学歴フィルターの影響を受けることが少ないので就活では強いといえるでしょう。
あえて弱い部分を言えば、人数が少ない分OBも少ないということ。
心配であれば他大学の人脈も作りつつ就職の話を聞いて見ましょう。

女子の場合

男子と比べても特に遜色はありません。
そのため男子同様強いと言えます。
他大学と比較しても女子の人数は同じぐらいになります。
人材サービス会社の幹部によると、立教生の女子の中には、大手企業の「一般職」や「地域限定職」、つまり転勤のない事務職を志望する人が多いといいます。

立教大学の企業からのイメージは?

まじめで落ち着いている

ミッション系大学ということもあり、落ち着いて、洗練された印象を持たれることが多くなっています。
「おしゃれ」「のんびり」「落ち着いた」というイメージが強く、同じMARCHの青山学院大学と雰囲気が似ているとされています。

リーダーシップがある

学部によりますが、グループワークが非常に多く、授業外でもグループで集まって議論することが多いです。
課題の量も多いので、大変ではありますが、民間企業で活躍するための能力は非常に鍛えられます。
チームでの課題解決の経験を多く積むことができるので、自信をもってインターンシップや就職活動のグループワークに臨む学生が多いためでしょう。

英語ができる人が多い

大学自体が英語に力を入れているため留学生が多い、留学がしやすい、英語のみの授業があるなど英語が身に付く環境にあります。
そのため英語ができる人が多いという印象もついているようです。

立教大学の就職支援制度一覧

キャリア支援プログラム

年間509回ものプログラムが実施されるので自身の受講したいものを受講することができます。
学部の学びとつながるインターンシップや、学部独自のガイダンスや業界研究、OB・OGとの交流会、ワークショッププログラムなど、1年次から4年次まで参加できるプログラムを開催しています。

学内説明会

603社が学内で説明会を行ってくれます。
わざわざこちらから説明会に行く必要がないため気軽に参加することができます。
行くのが面倒でやめてしまう人も多いので学内での説明会は多いに越したことはありません。

立教就職Navi

教就職NaviをはじめとしたWebサイト上のコンテンツを多く提供しています。
これらのほとんどは学内だけでなく自宅からもアクセスでき、学年を問わず、下記のようなさまざまなコンテンツを利用することができます。
コンテンツ/一例
・企業から立教大学に届いた求人票
・先輩の就職活動の体験談
・キャリアセンターが提供するプログラムの動画
・企業などで働くOB・OGの連絡先(学内でのみ閲覧可)

まとめ

立教大学では様々な就職支援を1年生のうちから行っています。
その結果高い就職率、大手企業への就職実績があります。
また、先輩方の活躍もあり、立教大学の学生への評価も高くなっています。
今後さらに有利に就活を進めることができるようになると予想されます。
大学や学部によって就職に大きな影響を与えます。
将来の夢があるのであればそれに近づく選択をできるようにしっかり調べていきましょう。

立教大学の就職先を学部ごとに紹介!就職に強い学部についても解説
今回は立教大学の学部ごとの就職先を見ていきます。
学部を迷っている方は将来的に自分のつきたい業界への就職実績が多い学部を選ぶのも手です。
是非参考にしてみてください。