受験情報

2021.06.15

【立教大学の英検利用】スコア換算方法や合格最低点を徹底解説

目次

立教大学は、共通テスト・一般入試(全学部入試)ともに英検のスコアを利用できます。
英検のスコアが高ければ当日英語のペーパー試験を受けずに合格できる可能性もあり、高校1~2年生など早い段階から受験を見据えた勉強がしやすくなるでしょう。
英検は受験と異なり何回でもチャレンジできるため、少しずつスコアを積み重ねてレベルアップしていくことも可能です。

今回は、立教大学の英検利用について詳しく解説します。

立教大学の英検利用のスコア換算方法とは

立教大学の共通テスト利用で英検スコアを合否判定に使う場合、得点換算をおこないます。
これは外国語検定試験ごとに満点や配点が異なるため、単純な点数の合計では合否判定にブレが生じるからです。
点数を平準化し、通常の共通テスト同様200点満点に換算することで公平かつ公正な合否判定が可能になります。
下記では、英検スコアの換算方法を紹介します。

英検の場合(2022年)

2022年度入試における合否判定では、英検(CSE2.0)で2,300点以上取得した場合、共通テストで満点を取ったときと同じ扱いである200点が加算されています。
英検で2,265点だった場合は共通テスト外国語試験95%相当である190点を、英検で2,195点だった場合は共通テスト外国語試験85%相当である170点となります。

ケンブリッジ英検の場合(2022年)

ケンブリッジ英検も、英検と同様に得点換算がおこなわれます。
160点以上の場合は100%換算となる200点、158点の場合は95%相当である190点、154点の場合は85%相当である170点になります。
それ以下の換算表は公開されておらず、あくまでも参考程度にするとよいでしょう。

今年も同じように換算されるとは限らない

立教大学では毎年の外国語試験の難易度に応じて得点調整の幅を変えており、2022年度の換算表が2023年度にも使用されるとは限りません。
実際、立教大学のHPでは早くも2023年度版の得点換算表が公開されており、下記の通りとなっています。

・英検の場合
2,450点以上:100%相当の200点換算
2,400点:95%相当の190点換算
2,300点:85%相当の170点換算

・ケンブリッジ英検の場合
170点以上:100%相当の200点換算
166点:95%相当の190点換算
158点:85%相当の170点換算

なお、外国語検定試験を複数個受験した場合、最もスコアの高い成績が合否判定に使用されます。
外国語検定試験を受けずに共通テストに臨んだ場合、通常通りリーディングおよびリスニングの得点をシンプルに加算する方式で合否判定に使うことを知っておきましょう。
年度により得点調整が入る可能性はありますが、合格可能性を増やしたいのであれば全学部入試も視野に入れて外国語検定試験のスコアも高めておいたほうがよいでしょう。

立教大学の英検利用はいつまでに受験した試験ならOK?

立教大学の共通テスト利用で使用する英検のスコアは、最も早い試験日より2年以内のスコアに限る、とされています。
2022年度入試において最も早い試験日は1月6日であったため、その場合は2020年1月7日以降に受験した英検のスコアを提出できるとわかります。
つまり、高校1年次や中学生の段階でどれだけ高スコアを叩き出していたとしても、立教大学の共通テスト利用の合否判定に使うことはできないのです。
わかりづらいと感じる人は、高校2年次に進級した春以降のスコアを提出するイメージでいるとよいでしょう。
(ただし浪人生や社会人が立教大学を受験する場合は、通常通り最も早い試験日より遡って2年以内のスコアをイメージする必要があります)

とはいえ、高校1年次に得た英語スキルは確実に翌年以降も役立つため、受験が無駄になることはありません。
早い段階から外国語検定試験対策をはじめ、高校1年次のうちに出題傾向や試験の雰囲気に慣れておき、高校2年次になった瞬間から受験に使えるハイスコアを狙う学生も多いものです。
外国語検定試験の受験チャンスは限られているため、1回1回の受験機会を無駄にしないよう、早い段階から対策しておきましょう。

立教大学の英検利用の合格最低点はどれくらい?

気になるのは、英検利用の合格最低点についてです。
下記では、立教大学おける英検利用の基準を探っていきましょう。

合格最低点のデータはない

残念ながら、立教大学の英検利用には合格最低点に関するデータがありません。
「〇点以上取らないとほぼ受からない」という足切りを兼ねたボーダーラインがあるわけでもなく、反対に「満点取れていれば確実に合格が約束される」というラインもないのです。
立教大学が公開しているのはあくまでも得点換算のルールだけであり、それもすべての特典に対応した換算表ではないことを知っておきましょう。
当然ながら入試は英語もしくは英検スコアだけで合否判定されるのではなく、他科目の得点も大いに影響します。

大体どれくらいのスコアがあればよいか

立教大学に合格するレベルのスコア目安として、「CSE換算2,300以上」が挙げられます。
満点が2,600点であるため、およそ88%程度得点していれば十分戦える学力であると判断できます。
なお、共通テストや一般入試(全学部入試)の英語ペーパー試験で88%以上をたたき出すのは、ごく一部のトップレベル大学を目指す人以外にとって至難の業です。
特に共通テストは「間違えてはいけない基礎問題」が多く、解答スピードだけでなく正確性が求められることを知っておきましょう。
一方英検は全問正解に近い状態を予想していない問題構成になっているため、時には間違えつつもハイスコアを目指すことが可能です。
「1点の差が明暗を分けづらい」という意味では、最初から英検による立教大学合格を視野に入れて対策しておいたほうがよいでしょう。

立教大学の英検利用では何級が必要?

英検CSE2.0の場合、スコアではなく級ごとに細分化されていることが特徴です。
いわゆる「英検2級合格(不合格)」などスコアではなく合否判定が出るため、どう得点換算されるのか不安な人もいるでしょう。
下記では、CSEスコア換算した場合の得点とともに、何級程度の取得が理想的か解説します。

英検2級の場合のCSEスコア

英検2級の場合、CSEスコア上は1,728~2,299の範囲で評価されます。
2級は、高校卒業程度の学力があれば突破できる試験です。
立教大学の合否判定に使う場合は、170点以下で換算されることも知っておきましょう。
共通テストにおける85%程度の換算となるため、前述した「88%」にはギリギリ届きません。
他の外国語検定試験のように90~95%程度の換算になる級数がないため、英検2級程度だと相当厳しい戦いになると予想できるでしょう。
そのため、「英検準1級の合格が難しい」と感じる人は、英検CSE2.0ではなく他の外国語検定試験を受けながらスコアの上積みをしていくことをおすすめします。

英検準1級の場合のCSEスコア

英検準1級の場合、CSEスコアは1,980~2,599の範囲で評価されます。
大学中級程度のレベルであるため一見高校生など現役受験生にとってハードルの高い試験だと思われがちですが、基本的な英単語・英文法と読解力があれば問題なく対処できます。
立教大学の合否判定に使う場合は、200点満点で換算されます。
つまり、英検準1級に合格していれば共通テスト当日に満点を取ったのと同じ扱いになるのです。
1点を争う激戦になることが想定される大学受験市場において、「満点換算」は非常に大きなリードとなるでしょう。
一般的に高校3年生と同等なレベルは準2級もしくは2級とされているため準1級の難易度が高く感じられるかもしれませんが、英語が得意科目である人はぜひチャレンジしてみましょう。

結論:立教大学の英検利用では何級が必要か

立教大学への合格をより確実なものにしたい場合、準1級の取得をおすすめします。
満点換算で評価してもらえるため、少なくとも英語がネックとなり不合格になる可能性はないでしょう。
英検2級のスコアしかないからといって不利になることはありませんが、基準点ギリギリであるため共通テスト当日の英語試験でより高い得点を得る対策が欠かせません。
共通テストの結果と英検スコアを両方添えて出願しておけば、より高い方の点数を合否判定に使用してくれます。

立教大学の倍率は英検利用で上がったのか

立教大学の倍率は、英検利用できるようになってからじわじわ上がってきています。
これまで通り共通テスト当日の一発勝負で逆転合格を狙う受験生も、高校1年生から着実に準備して外国語検定試験で高スコアを出す受験生も、どちらも受け入れられる試験形態になっていることがポイントだと言えるでしょう。
そのため、どちらのタイプの学生にとっても出願しやすい大学として広がり、より合格確実性を狙いたい学生から人気が集まっているのです。

まとめ

立教大学では、一般入試(全学部入試)において一部日程を除き英語のペーパー試験が課されません。
英検をはじめとする外国語検定試験で高いスコアがあれば、立教大学の受験を有利に進めることができるでしょう。
他大学の受験にも通用する基礎力を養うきっかけにもなるため、早い段階で試験にチャレンジしてみることをおすすめします。