受験情報

2021.06.09

立教大学の大学ランクはどれくらい?偏差値ランクもご紹介

目次

なんとなく「立教大学は高学歴」という印象があっても、他の大学と比較してどの立ち位置にいるか明確に知らない人も多いでしょう。
大学イメージだけで進学先を決めてしまうと入学後に大きなギャップとなることもあり、事前の情報収集が欠かせません。

今回は、立教大学のランクについて解説します。

大学内の学部ランキングにも触れますので、学校だけでなく学部も同時に選びたい人は参考にしてみてください。

立教大学の大学ランクはどれくらい?

早速、立教大学の大学ランクを紹介します。
他大学と比較してどれくらいのポジションにいるか知ることができれば、およそのイメージが持ちやすくなるでしょう。

立教大学の大学グループはMARCH

立教大学が所属している大学グループは、「MARCH」です。
「MARCH」の「R」を表しているのが立教大学であり、明治大学・青山学院大学・中央大学 法政大学と同じランクに属しています。
関東を代表する難関私立大学群の総称であることから、立教大学が確かに高学歴かつハイレベルな大学であると分かるでしょう。

MARCHの大学ランクはどれくらい?

そもそもMARCHは、関東の難関私立大学群の総称です。
大学グループはいくつかありますが、比較的高めなランクにいると言えるでしょう。
どの大学も平均して偏差値60.0を超えており、最難関の立教大学に至っては66.0を記録します。
ただし、学部・学科による差があることは知っておきましょう。
立教大学でも特に偏差値の高い異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科は偏差値66.0ですが、最も低い理学部では58.0~60.0程度になることが多いです。
いわゆる「難関」と呼ばれるひとつの基準となっている「偏差値60.0」を超えない学部もあるため、志望校選定の際には十分注意しておくことをおすすめします。

主な大学グループランク一覧

ここでは、主な大学グループランクを一覧で紹介します。
関東だけでなく地方の大学や国公立大学との比較にも役立つため、目を通してみましょう。

SSランク

「東京一工」(東京大学・京都大学・一橋大学・東京工業大学)

いわゆるSSランクと呼ばれる大学は、日本のなかでもほんの一握りです。
誰もが知る代表的な大学「東京大学」や、西日本のトップ「京都大学」などがランクインしており、知らない学生はいないでしょう。
東京工業大学は理系大学として最難関を誇っており、理系に特化した進学先を選びたい人から毎年高い人気を得ています。

Sランク

「旧帝大」(北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学)
「早慶上智」(早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学)

Sランクに該当するのは、旧帝大と称される国公立大学と、早慶上智と称される最難関私立大学です。
ただし、旧帝大のうち東京大学と京都大学だけではSSランクに該当するという意見も多く、「東京一工」とまとめる人もいます。

Aランク

「筑横千」(筑波大学・横浜国立大学・千葉大学)
「電農名織」(電気通信大学・東京農工大学・京都工芸繊維大学・名古屋工業大学)

Aランクは旧帝大以下の国公立大学や「駅弁」と称される地方の主要国公立大学が含まれます。
ここに含まれていない大学であっても、地方国公立であればほぼAランクになると考えてよいでしょう。
また、難関理系大学群である「電農名織」もランクインしています。

Bランク

「MARCH」(明示大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)
「関関同立」(関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学)

立教大学が属するMARCHはBランクとされています。
私立大学のなかでは早慶上智に次ぐレベルを誇っており、関東を代表する難関私立大学と言えるでしょう。
また、関西における難関私立大学群である「関関同立」と比較されることも多いです。

Cランク以降

「日東駒専」(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)
「成成明学」(成蹊大学・成城大学・明治学院大学)
「大東亜帝国」(大東文化大学・東海大学・亜細亜大学・帝京大学・国士舘大学)
「拓玉産大」(拓殖大学・玉川大学・産業能率大学・大正大学)
「愛愛名中」(愛知大学・愛知学院大学・名城大学・中京大学)
「名名中日」(名古屋学芸大学・名古屋学院大学・中部大学・日本福祉大学)
「産近甲龍」(京都産業大学・近畿大学・甲南大学・龍谷大学)
「外外経工佛」(京都外国語大学・関西外国語大学・大阪経済大学・大阪工業大学・佛教大学)
「摂神追桃」(摂南大学・神戸学院大学・追手門学院大学・桃山学院大学)
「東京女子大御三家」(津田塾大学・東京女子大学・日本女子大学)
「SSK」(椙山女学園大学・愛知淑徳大学・金城学院大学)
「関西女子大御三家」(京都女子大学・同志社女子大学・神戸女学院大学)
「中東和平成立」(中央学院大学・東京国際大学・和光大学・平成国際大学・立正大学)
「文東立松」(文教大学・東京経済大学・立正大学・二松学舎大学)

大学グループをチェックしていると、圧倒的にCランク以下の大学が多いことが分かります。
「難関」「高学歴」と呼ばれる大学はBランク以上の限られた学校のみであることを考えれば当然かもしれませんが、選択肢の多さに驚くこともあるでしょう。
なかには大学全入時代の突入とともに生まれた「ボーダーフリー」と呼ばれる大学もあり、カンニングなどよほど大きな不正や白紙提出などをしなければ入れる大学も出ています。
その後の就職や受けられる教育のレベルもしっかり見ながら、判断していきましょう。

主要学部における立教大学のMARCH内ランクとは?

ここからは、同じ大学グループであるMARCHのなかで学部を比較していきましょう。
主要学部における立教大学のMARCH内ランクを紹介しますので、既に学びたい分野がある人におすすめの情報です。

立教大学法学部のMARCH法学部内でのランク

明治大学法学部:60.0~62.5
青山学院大学法学部:62.5~65.0
立教大学法学部:60.0
中央大学法学部:57.5~65.0
法政大学法学部:60.0~62.5

法学部については、青山学院大学のレベルが高いことが分かります。
ついで明治大学と法政大学がランクインしており、「明治法律学校」を源流とする明治大学ならではの強みが分かるでしょう。
反面、昔は司法試験の合格率が高く「法の中央」と呼ばれていた中央大学ですが、近年の偏差値は少し低めになっていると分かります。

立教大学文学部のMARCH文学部内でのランク

明治大学文学部:60.0~65.0
青山学院大学文学部:60.0~67.5
立教大学文学部:57.5~62.5
中央大学文学部:57.5~60.0
法政大学文学部:57.5~65.0

文学部は、MARCH内どの大学でも大幅な差がないことが分かります。
青山学院大学に限っては学科・専攻ごとの振れ幅が大きいと言えるでしょう。
明治大学文学部も青山学院大学と同じくらいの高いレベルがあります。

立教大学経済学部のMARCH経済学部内でのランク

明治大学政治経済学部:62.5~65.0
青山学院大学経済学部:62.5
立教大学経済学部:60.0~62.5
中央大学経済学部:60.0~62.5
法政大学経済学部:57.5~62.5

政治経済学部については、明治大学がトップを飾っています。
同じく青山学院大学も高いレベルにありますが、近年の偏差値は62.5前後で安定しています。
反対に法政大学の政治経済学部は少し低めの水準になることが多く、穴場学部だと言えるでしょう。

明治大学商・経営学部のMARCH商・経営学部内でのランク

明治大学経営学部:62.5~65.0
青山学院大学経営学部:62.5~65.0
立教大学経営学部:65.0
中央大学商学部:57.5~60.0
法政大学経営学部:60.0~65.0

商学部や経営学部は、大学ごとの名称が異なります。
突出して偏差値のランキングが高いのは立教大学であり、振れ幅も少なく安定しています。
反対に中央大学は60.0を割り込む年度もあり、年度ごとの倍率の影響を受けやすい学部だと言えるでしょう。
倍率が低く合格可能性を十分感じられる年度であれば、穴場学部になる可能性があります。
また明治大学の経営学部と商学部はほぼ同じ偏差値になることが多く、偏差値だけでなく学びたい内容に応じて志望学部を変えていくとよいでしょう。

立教大学の偏差値ランキング

ここかrは、立教大学の偏差値ランキングを紹介します。
偏差値が高い順にピックアップしていきますので、希望する学部・学科がある人はチェックしてみましょう。

1位:異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科(偏差値68)
2位:社会学部社会学科(偏差値66)
2位:経営学部経営学科(偏差値66)
2位:経営学部国際経営学科(偏差値66)
5位:現代心理学部心理学科(偏差値65)
5位:社会学部現代文化学科(偏差値65)
5位:文学部史学科(偏差値65)
5位:法学部法学科(偏差値65)
5位:法学部国際ビジネス法学科(偏差値65)
5位:法学部政治学科(偏差値65)
5位:経済学部経済政策学科(偏差値65)
5位:観光学部観光学科(偏差値65)
5位:経済学部会計ファイナンス学科(偏差値65)
5位:経済学部経済学科(偏差値65)
5位:社会学部メディア社会学科(偏差値65)
16位:文学部教育学科(偏差値64)
17位:観光学部交流文化学科(偏差値63)
17位:文学部文学科(偏差値63)
20位:現代心理学部映像身体学科(偏差値62)
20位:文学部キリスト教学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科(偏差値62)
20位:理学部生命理学科(偏差値62)
26位:理学部物理学科(偏差値61)
27位:理学部数学科(偏差値60)

異文化コミュニケーション学部は、単一学科でありながら立教大学内で最も高い偏差値を記録しています。
都心型キャンパスとして展開する立教大学は海外留学生が多く、また立教大学から海外に留学する学生も多いため、異文化コミュニケーション学部自体の人気が高まっています。
そのため偏差値も高くなりやすく、激戦となることが予想されるでしょう。

結論:立教大学は主要学部内で高いランクを誇る

立教大学は、関東の主要大学の中でも特に高いランクを誇ることが分かります。
国公立大学の数が多いため一見低めのランキングに見えてしまいがちですが、実は私立大学のなかではかなりハイレベルな大学だと言えるでしょう。
早慶上智のようにトップレベルの私立とはいえないまでも、難関大学であることには変わりありません。

まとめ

立教大学に進学する際は、関東だけでなく関西の私立大学や国公立大学とも比較したうえで、大学のランクやパワーバランスを見ておくことが大切です。
きちんと現状を理解したうえで進学すればミスマッチが起きませんが、一方的な理想のみを抱いて入学してしまった場合、学歴コンプレックスをこじらせてしまう原因になりかねません。
今回紹介した大学ランキングや学部ごとの比較情報を参考に、悔いのない進学先選定をしていきましょう。