受験情報

2021.05.31

立教と青学は進学するならどっち?ダブル合格進学率もご紹介

目次

立教大学と青山学院大学は共に関東の難関私立大学を総称する「MARCH」に含まれている大学です。
立教大学が「R」を、青山学院大学が「A」」を冠し、共にハイレベルな大学として知られています。
しかし、似たレベルであるからこそ志望校選びや進学先に迷ってしまう人もいるでしょう。

今回は、立教大学と青山学院大学について徹底比較していきます。

学部別の違いも解説しますので、合格後のこともイメージしながら目を通してみましょう。

立教と青学は進学するならどっち?両者を徹底比較

まずは、項目別に立教大学と青山学院大学の違いを見ていきましょう。
自分にとってどちらの大学の方が合っているかを見極める材料として、ご活用ください。

偏差値比較

立教大学と青山学院大学を偏差値で比較すると、立教大学の方が僅かに上回ることが多いです。
立教大学は偏差値64.0、青山学院大学は偏差値63.0前後になることが多いでしょう。
学部や年度によって多少の違いはあるため参考程度に留めておくのが理想ですが、ほぼ互角のレベルだと思って問題ありません。

入試難易度比較

入試の難易度は、立教大学も青山学院大学もそう大きな違いがありません。
どちらも一般入試・大学共通テスト利用入試・推薦入試など幅広い入試形態を設けており、入試の種類も豊富でレベルも同じくらいです。
学部ごとに出題傾向・利用科目に差はあるものの、どちらも難問・奇問がなく、基礎知識をしっかり固めオーソドックスな問題に対応できる力があれば合格できます。
ただし、学部ごとの平均倍率は青山学院大学の方が高くなることが多いです。
学びたい内容・就職サポート・学生生活など内容面で進学先を選ぶ人が多いです。

人気度比較

受験生や大学生からの人気は、立教大学の方が高いです。
サンデー毎日が全国の進学校2,000校を対象に実施したアンケートでは、「生徒に人気がある大学ランキング」で立教大学が3位に輝いています。
一方の青山学院大学も4位という記録を持っており、僅かな差であることがわかるでしょう。
「改革力が高い大学ランキング」では立教大学が10位から4位に上昇しており、7位の青山学院大学と大きな差が出ています。

参考:サンデー毎日『2022年度大学入試:全国739進学校アンケート「オススメ大学」ランキング』

世間イメージ比較

世間イメージは、どちらもキリスト教系の大学であり清廉かつ洗練された大学であるというイメージが根強いです。
青山学院大学には、「おしゃれで都会的」「サークル活動が盛ん」「箱根駅伝に強い」など、文武両道なイメージを持つ人が多いでしょう。
立教大学には、「落ち着いている」「のんびりしている」「おしゃれ」などのイメージが集まります。
MARCHのなかでは比較的雰囲気が似通っている大学として知られており、どちらに入学しても大きなギャップを感じることはないでしょう。

就職比較

就職面は、立教大学も青山学院大学も同じくらいのレベルです。
どちらも高い就職率を誇ること、理系学部生の大学院進学率が多いことなどが注目されています。
また、どちらも提携している海外の大学が多く、卒業後にそのまま留学する学生が多めです。
一方、他のMARCH群の大学や早慶上智レベルと比較すると、自ら起業する学生や資格取得準備のために浪人する学生は少なめであり、堅実に就職活動する人の割合が高いと言えるでしょう。

結論:立教と青学は進学するならどっち?

僅かでも高い偏差値を求めて進学先を決定するのであれば、立教大学に軍配が上がります。
しかし渋谷という都心の真ん中に位置するアクセス性のよさを重視するのであれば、青山学院大学を優先した方がよいかもしれません。
進学先は偏差値や設備だけでなく雰囲気との相性も併せて検討すべきであり、「自分に合う大学はどちらか」という視点で参考にしていくとよいでしょう。
オープンキャンパスを有効活用し、実際に足を運んでみるのがおすすめです。

立教と青学はどっちが多く進学されている?ダブル合格進学率を紹介

次に、立教大学と青山学院大学どちらにも合格する「ダブル合格」になった受験生は、どちらを進学先として選定しているのか確認してみましょう。
選び方は人それぞれですが、大まかな傾向を掴んでおけばいざ合格が出てから悩むことを防げます。

立教と青学のダブル合格進学率は立教が勝利

立教大学と青山学院大学にダブル合格した場合、立教大学を選択する受験生が多いです。
立教大学に進学する人は54.1%、青山学院大学に進学する人は45.9%という結果が出ています。
例えば立教大学の場合、異文化コミュニケーション学部など立教大学内でもトップレベルの偏差値を誇る学部であれば早慶上智に食い込む可能性があるといわれています。
反対に理系学部など比較的倍率が少なく穴場だと言われる学部の場合、偏差値も低めになることが多いでしょう。
そのため、大学名だけでなく学部も進学先選定の基準にすべきだとわかります。

MARCH内での立教のダブル合格進学の立ち位置とは

各大学にダブル合格した際の立教大学の立ち位置は、MARCH内で上位2番目に位置しています。
例えば明治大学と立教大学にダブル合格した受験生は明治大学を選択することが多いですが、立教大学と青山学院大学・法政大学・中央大学いずれかに合格した受験生は立教大学を選択 することが多いのです。
つまり、明治大学に次いで選択される大学が立教大学であると言えるでしょう。
MARCH内でも根強い人気のある大学であると分かります。

立教が青学より優れている点3選

ここからは、立教大学と青山学院大学を徹底比較していきましょう。
まずは立教大学の方が優れている点について解説します。

落ち着いた清楚な印象

立教大学と青山学院大学はどちらも「おしゃれな大学」として知られていますが、微妙な違いを挙げるのであれば立教大学の方が落ち着いた清楚な印象があるとされています。
堅実に勉強している学生が多く、ミッション系大学のなかでも上智大学に次ぐ品位があるといわれることが多いのです。
一方の青山学院大学もおしゃれで明るく精錬な印象がありますが、遊んでいて派手なイメージを持つ人もいるでしょう。

キャンパスの新しさ・便利さ

立教大学は埼玉と東京の玄関口である池袋駅から通える範囲にキャンパスがあり、都心からのアクセスは抜群です。
建物は赤レンガで統一されており天井が高く、キャンパスそのものに人気が集まって受験生の確保につながることもあります。
青山学院大学も渋谷キャンパスを有する都心型大学ですが、老朽化が目立つ部分が多いでしょう。
また、1~2年次は神奈川県の相模原にあるキャンパスに通学する必要があり、通学の利便性やひとり暮らしのしやすさから立教大学を選択する人も多いのです。

資格試験の合格率が高い

司法試験・公認会計士試験など、難関国家資格への合格率が高いのは立教大学です。
また、教員採用試験や公務員試験などに強いのも、同様に立教大学である年が多いでしょう。
在学中に資格を狙うことや、ロースクールなどと両立できるサポート体制を期待しているのであれば、立教大学を選択してよいかもしれません。
青山学院大学は女子学生比率が立教大学よりも高く、一般職で就職する学生が多いことも特徴です。

青学が立教より優れている点3選

反対に、青山学院大学が立教大学よりも優れている点を紹介します。
青山学院大学への入学を検討している人や、立教大学と併願する予定がある人はチェックしてみましょう。

キャンパス内におしゃれな設備が多い

青山学院大学は立教大学以上に女子学生比率が高く、おしゃれな設備が多いことで有名です。
例えば青山学院大学の正門を入ってすぐの位置には、学生証をかざすことで女子学生だけが入れるパウダールームが設置されています。
コンセントなども完備されているため、持参したヘアアイロンやコテを使うこともできるでしょう。
授業を終えてからメイクや髪型を直し、遊びにいくときに便利な設備です。
また、キャンパス内にフィットネスセンターと呼ばれるジムがあることも特徴です。
年3,000円という破格の金額で利用できるため、普通のジムに行くより圧倒的にコストを抑えられるでしょう。
体育の授業だけでは運動量が足りない!という人や、筋トレやサークルの基礎練もかねて体を鍛えたい!という人はぜひ活用することをおすすめします。

文化祭が派手で煌びやか

青山学院大学は、MARCH群の中でも特に文化祭が派手で煌びやかだといわれています。
特に青山祭は他大学の学生・中高生生・ビジネスマン・地元の人などが多数訪れる一大イベントとなっており、出店の数だけでも相当です。
青山学院大学を卒業した有名アーティストのコンサートがあったり、美人な人が多数参加するミスコンに人気が集まったり、見どころたくさんのイベントとなるでしょう。

駅伝やバレーボールなどスポーツに強い

青山学院大学は、スポーツに強いことでも有名です。
特に年明けすぐに開催される箱根駅伝で、近年青山学院大学の名を見かけることが多いでしょう。
総合優勝を獲得したり上位に食い込んでシード権を獲得したりすることも多く、正月の風物詩として多くの人の目に触れる大学となりました。
また、バレーボールなども強く、スポーツ推薦で入学する学生もいます。
都心型大学かつおしゃれなイメージが強いためスポーツはそこそこかと思われがちですが、実は青山学院大学ならではの強みとなっているのです。

立教大学の偏差値ランキング

最後に、立教大学の偏差値ラニングを紹介します。
偏差値が高い順にピックアップしていきますので、希望する学部・学科がある人はチェックしてみましょう。

1位:異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科(偏差値68)
2位:社会学部社会学科(偏差値66)
2位:経営学部経営学科(偏差値66)
2位:経営学部国際経営学科(偏差値66)
5位:現代心理学部心理学科(偏差値65)
5位:社会学部現代文化学科(偏差値65)
5位:文学部史学科(偏差値65)
5位:法学部法学科(偏差値65)
5位:法学部国際ビジネス法学科(偏差値65)
5位:法学部政治学科(偏差値65)
5位:経済学部経済政策学科(偏差値65)
5位:観光学部観光学科(偏差値65)
5位:経済学部会計ファイナンス学科(偏差値65)
5位:経済学部経済学科(偏差値65)
5位:社会学部メディア社会学科(偏差値65)
16位:文学部教育学科(偏差値64)
17位:観光学部交流文化学科(偏差値63)
17位:文学部文学科(偏差値63)
20位:現代心理学部映像身体学科(偏差値62)
20位:文学部キリスト教学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科(偏差値62)
20位:コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学科(偏差値62)
20位:理学部生命理学科(偏差値62)
26位:理学部物理学科(偏差値61)
27位:理学部数学科(偏差値60)

異文化コミュニケーション学部は、単一学科でありながら立教大学内で最も高い偏差値を記録しています。
都心型キャンパスとして展開する立教大学は海外留学生が多く、また立教大学から海外に留学する学生も多いため、異文化コミュニケーション学部自体の人気が高まっています。
そのため偏差値も高くなりやすく、激戦となることが予想されるでしょう。

まとめ

立教大学と青山学院大学は、ともにミッション系のおしゃれな大学として人気が根強いことが特徴です。
特に立教大学は他大学とダブル合格したときに選ばれることが多く、総合力のある大学だと言えるでしょう。

どちらに入学するかは、学びたい内容やキャンパスとの相性で選定することが大切です。
周囲からの評判も参考にしつつ、自分が後悔しない選択ができるよう情報収集していきましょう!